【スポンサーリンク】

頭痛外来って知ってますか?

頭痛外来というものがあるのをご存じですか。
知らないという人は以外と多いかもしれません。

 

頭痛が起こったとしても、まずはドラックストアへ行って市販薬を服用して痛みを抑えるだけで、
病院を受診しないという人は多いのではないでしょうか。

 

頭痛で何科を受診すればいいか分らず、迷う人も多いはずです。
とりあえず、頭痛で内科を受診したものの、原因などを特定されることなく、
鎮痛剤を処方されただけだったということもあるかもしれません。

 

私は頭痛外来というものを知るまで内科へ受診していた1人です。

 

一般的な内科などでは、頭痛を専門とする医師がいない場合が多く、
偏頭痛のような慢性的な頭痛でも、
風邪のときに起こる一時的な頭痛と同じような対処しかしてもらえないことがよくあります。

 

ですが、頭痛には種類があり、その種類によって適切な対処が必要なことを知っていますか。
では、自分の頭痛がどんなものなのか、どうすれば診断してもらえるのでしょうか。

 

そんな時は、最寄りの病院で頭痛外来の窓口がある機関がないかどうか調べてみるか、
こちらでまとめた全国の頭痛外来一覧を参考にされてください。
名医も調べてあります。

頭痛専門医に診察してもらう

頭痛外来は、頭痛に関する専門知識を持った医師がいる医療機関にある窓口です。

 

「日本頭痛専門学会」という専門医認定制度があり、そこで認定された医師が頭痛専門医です。

 

頭痛外来では、問診などによって頭痛の症状、原因を調べ、
適切でより精密な検査や治療をします。

 

また、頭痛外来と銘打っていなくても、神経内科や脳神経外科、
ペインクリニックなどでは頭痛専門医がいることがありますので、
受診する前に確認してみるといいでしょう。

 

頭痛を一口に言っても、様々な原因や種類があります。
まずは自分がどのタイプの頭痛に当てはまるのかを知っておく必要があります。

 

中には脳に関する病気など、命に関わる病気が原因になっている場合もあるので、
頭痛が続く場合やいつもと違う頭痛の場合はただちに受診しましょう。

 

慢性的な頭痛で悩んでいる人は一度頭痛外来を受診するといいでしょう。
その種類によって治療法や薬も違ってきます。

 

では、頭痛外来で診察してもらえる頭痛は、どのようなものなのでしょう。

診てくれる頭痛の症状

頭痛専門外来なので、頭痛に関する症状なら全部といっていいでしょう。

 

その中でもまず、悩んでいる人も多い「偏頭痛」です。
偏頭痛は血管性頭痛とも呼ばれていて、頭の血管が拡張することによって起こる頭痛です。

 

脈を打つごとに、ズキンズキンと痛むのが特徴で、吐き気を伴うこともあります。
一旦偏頭痛が起こると動けなくなってしまうほど症状が重い人も多く、
週に何回も起こることもあります。

 

ですが偏頭痛についてよく知らないまま、そんなに深刻なものではないだろうと、
痛みを取るためだけに頭痛薬を飲んでいる人は多いようです。

 

次に、「緊張性頭痛」です。
肩こりや首こりによって頭痛が起こったという経験がある人は多いでしょう。
肩、首まわりの筋肉が緊張することによって、頭痛が起こります。
筋肉の緊張をほぐすと、頭痛も軽減することが分っています。

 

ですが、緊張をほぐすことによって快方に向かう緊張性頭痛の場合でも、
痛みを抑えてしまおうと頭痛薬を飲んでしまう人も多くいます。
頭痛薬によって痛みが紛れるかもしれませんが、根本的な改善にはならないため、
頭痛を繰り返してしまい、慢性頭痛になってしまう場合もあります。

 

ごく一例ですが、このように頭痛には種類があります。
頭痛の原因特定しないまま、鎮痛剤によって痛みを抑えるという対処を続けると、
かえって頭痛が悪化することがあります。

 

それが、「薬物乱用性頭痛」です。

薬物乱用性頭痛を知らない医師も

頭痛外来を訪れる人の中でも、最も厄介なのが薬物乱用性頭痛だと言います。

 

原因不明の頭痛で頭痛外来を訪れたとき、
すでに重度の薬物乱用性頭痛に陥っている患者も多いようです。

 

薬物乱用性頭痛は、
頭痛を抑えるために解熱鎮痛剤を多用することによって脳の中枢神経が過剰に働き、
薬を飲むことによって、もっとひどい頭痛が起こってしまうという症状です。

 

頭痛の原因や種類を特定しないまま、むやみに頭痛薬を飲み続けることによって起こります。

 

病院に行かず、自己判断によって市販薬だけで頭痛に対処してきたために
薬物乱用性頭痛に陥るケースや、
薬物乱用性頭痛に関して無知な医師が以外に少なくないため、
そういった専門外の医師の診察を受け、
安易に鎮痛剤だけを処方され続けたために陥るケースが考えられます。

 

頭痛を正しく治療するためには、専門知識を持った医師のもとで、
適切な診断と処置を受けることが重要なのです。

病院がイヤならサプリメントで

対処法を誤るとさらに悪化してしまい、
薬物乱用性頭痛という恐ろしい症状を引き起こすかもしれない頭痛。

 

専門医のもとで正しく治療するのはもちろんですが、
頭痛外来に行く前に、頭痛を起こしやすい体質を改善することを試みるのもいいでしょう。

 

ずきしらずの実は、従来の頭痛薬のようにすでに起こっている痛みを抑える薬ではなく、
痛みが起こらないようにするためのサプリメントです。

 

ズキズキしたあの痛みや、頭の重い感じを感じさせないようにするもので、
痛みが起こったときだけではなく、毎日飲み続けることで少しずつ体を変えていくものです。

 

万が一、頭痛が押し寄せても、緩和してくれるのは私自身、本当だと実感していて、
救われましたし、「この先も、あの痛みに恐れなくていいんだ」という安堵感があります。

 

薬ではないので依存性、副作用の心配もなく、
もちろん、ずっと飲んでも薬物乱用性頭痛になる心配はありません。
むしろ、毎日飲むことで効果を発揮するものです。

 

もし、あなたがすでに薬物乱用性頭痛に陥っているようであれば、
早急に頭痛外来を受診することを勧めますが、
まだ病院に行こうか迷っている、頭痛薬で乗り切れそうだ、という段階であれば、
ずきしらずの実を試してみてはどうでしょうか。

 

頭痛薬でその場しのぎを繰り返していると、遅かれ早かれ薬物乱用性頭痛を起こしてしまいます。
そうなる前に、体質の改善を図ってみませんか。

 

頭痛に悩む多くの人が、ずきしらずの実の効果を実感しており、
頭痛薬が必要なくなったという声もあります。
あなたも薬から卒業して、痛みから解放されませんか。

【スポンサーリンク】

頭痛外来に行ったことありますか?記事一覧

 

偏頭痛の薬は偏頭痛専用のお薬です。頭痛にはいろいろなパターンがあって、風邪などの炎症によって一時的に痛みが出ている場合や、脳の病気の場合、また、首回りの筋肉が緊張することによって起こる「緊張性頭痛」など、様々な種類があり、原因によって対処法や使う薬も違ってきます。中でも悩んでいる人も多く、よく聞かれる頭痛の種類のひとつが「偏頭痛」です。偏頭痛は、脳の血管が広がることによって血管の周りにある三叉神経...

 
 

頭痛の名医と言われているドクターと、全国の、頭痛専門医がいる、各県の頭痛専門外来がある医療機関をまとめました。頭痛にはその原因や症状によって種類があり、治療法や有効な薬も違います。治療法を誤れば、頭痛が治らないどころか、さらに頭痛が悪化することもあるので、頭痛に関する専門知識を持った医師の診察を受けることが重要です。最寄りの頭痛専門医を探し、適切な診断をしてもらいましょう。

 
 

偏頭痛は何科なの?そもそも頭痛を診てくれる診療科ってあるの?頭痛が起こったとき、どの病院のどの科を受診するか悩む人は多いのではないでしょうか。身近にあって受診しやすい病院として、風邪をひいたときなどにいつも行っている内科を選びがちです。しかし、慢性頭痛の場合は風邪などによって起こる頭痛とは違い、診断にも治療にも、頭痛に関する専門知識が必要です。一般的な内科では、慢性頭痛の治療に対応できない場合が多...