【スポンサーリンク】

頭痛とストレスの関係

頭痛はストレスによっても起こされ、主に偏頭痛と緊張性頭痛に悩まされます。

 

ストレスは万病の元と言いますが、頭痛もその例外ではなかったのです。
ストレスが溜まったり、ストレスから解放されたときにも、頭痛が起こることがあります。

 

今はストレス社会とも言え、学校や職場、家庭でも、ストレスを感じる場面が多いですね。
ストレスをゼロにすることはできないので、
いかにストレスを減らし、上手く付き合っていくかがカギとなります。

 

偏頭痛を引き起こす要因はいろいろとありますが、その中の一つにストレスもありました。

 

ストレスに弱い人は

 

どちらかといえばまじめで几帳面な人、頑固で厳しい人 、内気でおとなしい人、心配性な人
他人から受けた言動をマイナスに受け止めやすい人、否定的な人などがそれにあたります。

 

ストレスに強い人は

 

何でも前向き、気持ちの切り替えが早くひきずらない人 、信頼できる仲間がたくさんいる人
嫌われない人、夢中になれる趣味を持っていて、一緒にできる仲間がいる人
などがそれにあたります。

 

ストレスに弱い人、強い人によって受ける影響は全然違ってきますから、
ストレスに弱い人は頭痛が起きやすい人ともいえるのです。

 

特にストレスを溜めやすい人や、
急にストレスのある環境に置かれた人は、偏頭痛を発症しやすくなります。

 

偏頭痛は、ストレスを感じている最中ではなく、
ストレスから解放されたときに起こりやすいという特徴もあります。

 

仕事が休みの週末などに偏頭痛が起こる人は、ストレスから解放されて起きているのです。

ストレスはセロトニンを減らす

ストレスによって脳内に分泌される物質、セロトニンが頭痛を抑える役割もしています。
セロトニンが脳内に放出されると一時的に血管が収縮しますが、
セロトニンが不足し、その後、血管が拡張します。

 

おさらいですが、偏頭痛は血管の拡張によって、その周りの三叉神経が刺激され、
炎症を起こすから痛みが発生することを理解されたと思います。

 

つまり、ストレスはゼロにできませんから「セロトニンを増やす」対策を取り入れる
のがベストだったりします。

 

偏頭痛は若い女性に多く、家族にも偏頭痛持ちの人がいることが多いです。
このような人は、特に、頭痛の引き金となるストレスに気を付けなければならず、
対策を真剣に考えたほうがよいでしょう。

 

ストレスによって起こる頭痛として、緊張性頭痛もあります。
緊張性頭痛は、筋肉の緊張によって起こる頭痛で、頭が締め付けられたように、重く痛みます。

 

姿勢などの問題や、肩こりによって、
肩から後頭部にかけての筋肉が緊張することによって起こります。

 

大勢の前で話すときや、
誰かに怒られるときなど、精神的にストレスを感じたとき、体が固くなりますね。

 

このように、ストレスを感じると、全身の筋肉がこわばり、緊張してしまいます。

 

ストレスが慢性化すると、筋肉の緊張も慢性化してしまい、頭痛も続きます。
特に、もともと肩がこりやすい人や、疲れやすい人、
デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとる人は、緊張性頭痛を起こしやすいので、
ストレスにも注意しましょう。

 

精神的ストレスを受け続けると、偏頭痛と緊張性頭痛といったふたつの頭痛、
いずれも引きおこす可能性があります。

 

さらに他の頭痛と混合してしまう時もあるでしょう。
ストレスを溜めないようにするのが頭痛を防ぐために重要なことになりますが、
日々襲ってくるストレスにはどのように対処すればいいのでしょう。

対処法の例

運動をしたり音楽を聴く、歌を歌う、泣く、ライブ(コンサート)鑑賞、
会話、ショッピング、映画、美味しいものを食べる、読書、マッサージ、

 

旅行、ヨガ、寝まくる、時間をムダに使う、時間を贅沢に使う、
などなど自分なりのストレス解消方法がある人は、
ストレスを発散する時間をしっかりと確保して、溜めこまないようにしましょう。

 

世界的にみても、日本人はよく働き「アリ」と同じなのです。
もっと余裕をもっても罰はあたりません。

 

そして、食事を工夫することでも、ストレス対策になります。
良質なタンパク質を摂ることを心がけたり、時には甘いものを食べ糖分補給も効果的。

 

そのほかにも、牛乳やワイン、ナッツ類にもストレスを軽減する働きがあります。
ストレスに強い人になるために
マグネシウムを補える、セロトニンを補えるサプリメントを摂るのもいいですね。

 

ちなみに、ここで紹介している頭痛サプリメントはセロトニンを補うことができます。

 

酸素不足も頭痛の原因ですから、部屋の空気を入れ替えて
アロマテラピーで心を落ち着けたり、入浴でリラックスするのもいいでしょう。

 

こういった対処法は、好きになったもん勝ちです。
好きになってしまえば、習慣にしやすいし、継続もしやすいからです。

 

何か自分の中で、ストレスから自分を開放できるスイッチを見つけられるといいですね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

緊張型頭痛の対処はこうする!
緊張型頭痛の対処法について。どんな症状があるのか、原因と予防について。
群発性頭痛が自殺頭痛と言われる理由
群発性頭痛が自殺頭痛と言われるのはなぜか。症状や原因、予防について。
肩こり頭痛と偏頭痛の違い
肩こりからくる頭痛と偏頭痛の違いについて。主な原因や解消方法について。
眼精疲労の頭痛と疲れ目からくる頭痛の違い
眼精疲労の頭痛と、疲れ目の頭痛の違いについて。目薬の使用時の注意点、眼精疲労の原因から解消、予防する方法は何かについて。
運動後の頭痛の理由と予防法
運動後に頭痛(労作性頭痛)になるのはなぜか?予防法について。
副鼻腔炎の頭痛の治療期間
副鼻腔炎が原因の頭痛について。治療期間や治療方法について。
前頭葉の頭痛はクモ膜下の予兆?
前頭葉の頭痛で注意すること、クモ膜下との関係、原因や症状、対処法について。
後頭部が頭痛で痛くなる理由
後頭部の頭痛はどうして痛くなるのか、原因と対処法について。
こめかみの頭痛は偏頭痛の一種。
こめかみの頭痛の原因と改善方法について。
高血圧の頭痛は安心できない!
高血圧の頭痛の危険レベルについて。ロキソニンの注意点、血圧を下げる目標値について。
低血圧の頭痛はこうして改善!
低血圧の頭痛について。塩分を人より多く摂れば血圧は上がるのか?食べ物で血圧を上げる方法とは。
気圧が頭痛を起こすって知ってます?
低気圧が頭痛に影響する原因について。対処法について。
虫歯も頭痛を起こします。
虫歯が偏頭痛を起こす影響について。噛み合わせと頭痛について。
うつで頭痛になるのはなぜ?
うつで頭痛になるのはどうして?対処法について。
冷房 頭痛の治し方
冷房(クーラー)による頭痛について。原因と改善方法について。
花粉症 頭痛の治し方
花粉症の頭痛と風の違いについて。原因と対処法について。
貧血の頭痛原因はコレ!
貧血から頭痛が起きるのはなぜか、改善方法について。
寝起きに頭痛がするのはなぜ?
寝起きに頭痛がする原因について。対処の仕方について。
寝すぎた頭痛の治し方
寝すぎによる頭痛はなぜおきるのか。原因と治し方について。寝過ぎが、どうよくないのかについて。
寝不足 頭痛の治し方
寝不足で頭痛になるのは何で?原因やデメリット、対処法について。
風邪の頭痛。薬以外の治し方
風邪で頭痛になる原因と、薬以外の対処法について。
断食 頭痛の治し方
断食中に頭痛がおきる理由と対処法について。
便秘で頭痛になる理由。
便秘からくる頭痛の原因と対処法について。
頭痛とめまいの原因
頭痛とめまいの原因について。対処法について。
耳鳴りで頭痛になる?
耳鳴りと頭痛の関係について。対処法について。
地震で頭痛になるんですね。
地震と頭痛の関係について。原因は何か。
頭痛の治し方、試してないのはどれ?
頭痛の治し方のまとめ、おさらい。