【スポンサーリンク】

冷房の頭痛について

冷房の頭痛対策を何かしていますか。

 

夏場における体の悩みのひとつとして「クーラー病」がありますね。
エコ対策として、省エネモード対策をする会社も増えましたが、
近年、室内であれば、まだまだどこでも冷房がきいている場所は少なくありません。

 

もちろん、真夏の暑い日にクーラーをかけずに過ごすと熱中症になる恐れもあるため、
適度に室温を調整して快適に過ごすことは大切ですが、
冷房が強くきいている場所に長時間いたり、冷房の風が直接当たる場所にいると、
体調を崩す原因となり、偏頭痛が起きる原因にもなっています。

 

本来、私たちの体には環境の変化に対応できる機能が備わっており、
気温の変化にも対応していて、
汗をかいて皮膚の表面温度を下げたりすることが代表的な例です。

 

ところが、夏になると冷房を入れるのが当たり前になった今では、
汗をかきにくくなったことで体温調節がしにくくなっています。

 

外と室内の温度差に体がついていけず自律神経が乱れ、体内の調節機能がうまく働かなくなり
頭痛が起きたり、風邪を引いたりするのです。

 

この自律神経の乱れが、様々な体の不調を起こします。
これがクーラー病です。

 

最近では、汗をかかない人も増えているといいます。

 

自分を振り返ると、私も昔は汗をまったくかかない人で、偏頭痛、冷房頭痛、肩こり、などなど
いろいろな頭痛を併発していた原因を今更ですが、学んだところです。

 

現在は運動のおかげで、汗がすぐ出るようになり、頭痛サプリメントも飲んでいるので、冷房の頭痛に悩まされることもなくなり毎日快適です。

 

クーラー病の症状

代表的な症状として挙げられるのが、肩こり、頭痛、腰痛、倦怠感や胃腸の機能低下などです。
夏に、冷房をつけた環境で頭痛が起こるという人は、実はクーラー病のせいかもしれません。

 

クーラー病による頭痛の原因としては、
自律神経の乱れのほかにも血行不良や肩こりなどが考えられます。

 

デスクワークや立ち仕事で動かず同じ姿勢は足元から冷えてきます。

 

体の冷えや血行不良からくる頭痛や、肩こりからくる緊張性頭痛は、
鎮痛剤では対処できない痛みです。

 

クーラーの影響を無視してしまい、一時的に痛みをとるために薬を飲み続けていては、
薬の副作用で痛みが繰り返してしまうことになり、長期的にみると悪化をたどります。

 

薬を飲みすぎると胃の病気に発展しやすいので、早めに根本的に解決していく必要があります。

冷房対策

では、冷房の頭痛の原因ともなるクーラー病は、どのように防げばいいのでしょう。

 

まず、できるだけ外との温度差を少なくするため、設定温度を高めに設定しましょう。
外の気温差は5℃以内を目安に温度調整しましょう。

 

といっても外が35℃なら室内を30℃となりますが、
どうしても耐えられないときは、28℃か29℃でがんばりましょう。

 

それ以下に温度を下げると冷房頭痛が再発しやすい温度です。

 

また、体を冷やさないよう、冷房の風が直接当たる場所を避けたり、
羽織るものを持ち歩いたりしましょう。

 

お店やオフィスなどでクーラーの温度調整が難しい場合もあるので、
夏でも一枚羽織れるものやカイロを持参して持っておくといいですね。

 

調整が可能な環境にいる場合には、扇風機をうまく使います。
扇風機を壁側に向けて回すと、クーラーの設定温度が高めでも、冷気がうまく循環し
ほどよい涼しさを保ってくれ、節電対策にもなります。

 

ユーカリのアロマオイルをティッシュなどに含ませて香を嗅ぐのも有効です。

 

ユーカリには抗菌作用があり、
ハウスダストや花粉症、喘息の症状を緩和する働きをもっています。

 

冷房の空気からアレルギー物質を吸うことで頭痛を起こす原因にもなるため、
対処療法として役に立ちます。

 

生活の木などに売っている天然成分100%のものを選ぶことも重要です。

 

自宅などで、できるだけ冷房をつけない対策をするのであれば、
保冷剤をタオルにまいて首につけたり、ペットボトルを凍らせてそばに置いてみたり、
扇風機とサーキュレーターをうまく使ったり、汗ふきシートを活用したりするとよいです。

 

 

そして、すでに冷えてしまった体を温めることも大切です。
お風呂はシャワーですませず湯船に入ったり、
夏でも末端を冷やさないよう靴下を履き、体の内側からも温めます。

 

夏は冷たいものを食べ過ぎになりがちですが、
そうすると体の深部の体温が下がって体調不良の原因となります。

 

温かい飲み物を飲んだり、
体を温めるとされる根菜類や生姜などの薬味を積極的に食べてみましょう。

 

適度な運動を続けることも、体の内側から温めるのに効果的です。

【スポンサーリンク】

関連ページ

緊張型頭痛の対処はこうする!
緊張型頭痛の対処法について。どんな症状があるのか、原因と予防について。
群発性頭痛が自殺頭痛と言われる理由
群発性頭痛が自殺頭痛と言われるのはなぜか。症状や原因、予防について。
肩こり頭痛と偏頭痛の違い
肩こりからくる頭痛と偏頭痛の違いについて。主な原因や解消方法について。
眼精疲労の頭痛と疲れ目からくる頭痛の違い
眼精疲労の頭痛と、疲れ目の頭痛の違いについて。目薬の使用時の注意点、眼精疲労の原因から解消、予防する方法は何かについて。
運動後の頭痛の理由と予防法
運動後に頭痛(労作性頭痛)になるのはなぜか?予防法について。
副鼻腔炎の頭痛の治療期間
副鼻腔炎が原因の頭痛について。治療期間や治療方法について。
前頭葉の頭痛はクモ膜下の予兆?
前頭葉の頭痛で注意すること、クモ膜下との関係、原因や症状、対処法について。
後頭部が頭痛で痛くなる理由
後頭部の頭痛はどうして痛くなるのか、原因と対処法について。
こめかみの頭痛は偏頭痛の一種。
こめかみの頭痛の原因と改善方法について。
高血圧の頭痛は安心できない!
高血圧の頭痛の危険レベルについて。ロキソニンの注意点、血圧を下げる目標値について。
低血圧の頭痛はこうして改善!
低血圧の頭痛について。塩分を人より多く摂れば血圧は上がるのか?食べ物で血圧を上げる方法とは。
気圧が頭痛を起こすって知ってます?
低気圧が頭痛に影響する原因について。対処法について。
虫歯も頭痛を起こします。
虫歯が偏頭痛を起こす影響について。噛み合わせと頭痛について。
うつで頭痛になるのはなぜ?
うつで頭痛になるのはどうして?対処法について。
花粉症 頭痛の治し方
花粉症の頭痛と風の違いについて。原因と対処法について。
貧血の頭痛原因はコレ!
貧血から頭痛が起きるのはなぜか、改善方法について。
寝起きに頭痛がするのはなぜ?
寝起きに頭痛がする原因について。対処の仕方について。
寝すぎた頭痛の治し方
寝すぎによる頭痛はなぜおきるのか。原因と治し方について。寝過ぎが、どうよくないのかについて。
寝不足 頭痛の治し方
寝不足で頭痛になるのは何で?原因やデメリット、対処法について。
風邪の頭痛。薬以外の治し方
風邪で頭痛になる原因と、薬以外の対処法について。
断食 頭痛の治し方
断食中に頭痛がおきる理由と対処法について。
便秘で頭痛になる理由。
便秘からくる頭痛の原因と対処法について。
頭痛ストレス対処法
ストレスで頭痛が起きやすい人と起きにくい人について。対処法について。
頭痛とめまいの原因
頭痛とめまいの原因について。対処法について。
耳鳴りで頭痛になる?
耳鳴りと頭痛の関係について。対処法について。
地震で頭痛になるんですね。
地震と頭痛の関係について。原因は何か。
頭痛の治し方、試してないのはどれ?
頭痛の治し方のまとめ、おさらい。