【スポンサーリンク】

高血圧と頭痛の関係

高血圧で頭痛が起きている人は、自分の血圧を知っていますか。

 

実は、血圧と頭痛には関係性があり、
血圧が高すぎる場合も、低すぎる場合も頭痛を起こすことがあります。

 

高血圧によって頭痛が起こると、主に前頭部や後頭部に痛みが生じます。

 

高血圧だと必ず頭痛が起こるというわけではありませんが、
高血圧の人は頭痛が起こりやすいと考えられています。

 

高血圧によって頭痛が起こる原因ははっきりとはわかっていませんが、
血圧が上がることによって脳の血管が急に広がり、
その周りの神経を刺激して炎症を起こすからだと考えられます。

 

偏頭痛持ちの人で血圧が高い人は、
高血圧が偏頭痛の要因になっているということも視野に入れて治療をすればいいでしょう。

 

高血圧の人が解熱鎮痛剤のロキソニンを使わない方がよいときもあるので、
使ってよいのかは独断で判断せず、医師の確認をしてからにしましょう。

 

もし、血圧が急上昇しているときに頭痛が起こった場合は、横になって休みましょう。
枕やクッションで上半身を高めに休むと、血圧が落ち着くことがあります。

深刻な病気のサインの確率

高血圧によって起こる頭痛は、さほど心配するほどでもないものがほとんどではありますが、
中には危険な病気のサインとなっていることもあります。
それが、「高血圧緊急症」です。

 

高血圧緊急症は、血圧が急激に上昇することによって脳の血管に異常が起こり、
脳が腫れてしまう病気です。

 

これによって、様々な脳障害を起こしてしまいます。

 

さらに、放置していると脳だけではなく、心臓や腎臓にも影響を及ぼし、命に関わってきます。
早目に治療して血圧を下げることが大切になります。
高血圧の人で、これまでにない頭痛を感じた場合はすぐに受診したほうがいいでしょう。

 

高血圧の場合、脳内出血や脳梗塞、脳症のリスクも高くなります。
これらの脳疾患が起こった場合にも頭痛が表れるのです。

 

高血圧の人で、原因不明の頭痛が続いている場合は一度
脳の専門医に診てもらうことをおすすめします。

血圧の目標値

さて、血圧について普段から気を付けている
という人は自分の血圧を知っているかもしれませんが、
ほとんどの人は健康診断くらいでしか自分の血圧を測る習慣がないかもしれません。

 

病院や薬局などに血圧計を置いてあるところも多いので、
自宅から近い人は普段から自分の血圧を測りに行き把握して健康維持に役立てる人もいます。

 

そんな「血圧を測るためだけに通う時間などない」という人は
ネット通販などで5000円程度で売っていますから、購入するのもよしです。

 

私の両親の血圧が高めなので、プレゼントしたら大喜びしてくれて
好きな時に測れるし、体調悪かったら血圧で把握できるから安心感もあって
便利だと、思った以上に好評でした。

 

一般的に正常な血圧の目標値は、家庭用の血圧計であれば125/80未満、
医療機関の血圧計であれば、130/85未満です。

 

どうして違いがあるのかというと
人は家で血圧を測るよりも病院で血圧を測ると、血圧が上がるからです。

 

原因は、白衣を見ると血圧が上がるのだとか。
ということで、
家庭用血圧計で135/85以上の血圧であれば、自分は高血圧と考えていいでしょう。

 

血圧は高齢になると、だんだん高くなる傾向にあります。

 

20代女性の血圧の平均が121/72なのに対して、40代は134/82、50代女性は148/87、
70代になると165/88まで上昇します。

 

20代男性の血圧の平均が128/75なのに対して、40代は134/82、50代男性は147/87、
70代になると160/88まで上昇します。

 

高血圧の人は、各年代の平均値まで血圧を下げる努力をするのはもちろん、
あくまで正常な血圧は130/85未満なので、正常値まで下げる努力を続けましょう。

 

痛い、苦しい思いを避けることができますし、
高い医療費にお金を使うことも防げ、身内に心配と迷惑をかけることも防げます。

【スポンサーリンク】

関連ページ

緊張型頭痛の対処はこうする!
緊張型頭痛の対処法について。どんな症状があるのか、原因と予防について。
群発性頭痛が自殺頭痛と言われる理由
群発性頭痛が自殺頭痛と言われるのはなぜか。症状や原因、予防について。
肩こり頭痛と偏頭痛の違い
肩こりからくる頭痛と偏頭痛の違いについて。主な原因や解消方法について。
眼精疲労の頭痛と疲れ目からくる頭痛の違い
眼精疲労の頭痛と、疲れ目の頭痛の違いについて。目薬の使用時の注意点、眼精疲労の原因から解消、予防する方法は何かについて。
運動後の頭痛の理由と予防法
運動後に頭痛(労作性頭痛)になるのはなぜか?予防法について。
副鼻腔炎の頭痛の治療期間
副鼻腔炎が原因の頭痛について。治療期間や治療方法について。
前頭葉の頭痛はクモ膜下の予兆?
前頭葉の頭痛で注意すること、クモ膜下との関係、原因や症状、対処法について。
後頭部が頭痛で痛くなる理由
後頭部の頭痛はどうして痛くなるのか、原因と対処法について。
こめかみの頭痛は偏頭痛の一種。
こめかみの頭痛の原因と改善方法について。
低血圧の頭痛はこうして改善!
低血圧の頭痛について。塩分を人より多く摂れば血圧は上がるのか?食べ物で血圧を上げる方法とは。
気圧が頭痛を起こすって知ってます?
低気圧が頭痛に影響する原因について。対処法について。
虫歯も頭痛を起こします。
虫歯が偏頭痛を起こす影響について。噛み合わせと頭痛について。
うつで頭痛になるのはなぜ?
うつで頭痛になるのはどうして?対処法について。
冷房 頭痛の治し方
冷房(クーラー)による頭痛について。原因と改善方法について。
花粉症 頭痛の治し方
花粉症の頭痛と風の違いについて。原因と対処法について。
貧血の頭痛原因はコレ!
貧血から頭痛が起きるのはなぜか、改善方法について。
寝起きに頭痛がするのはなぜ?
寝起きに頭痛がする原因について。対処の仕方について。
寝すぎた頭痛の治し方
寝すぎによる頭痛はなぜおきるのか。原因と治し方について。寝過ぎが、どうよくないのかについて。
寝不足 頭痛の治し方
寝不足で頭痛になるのは何で?原因やデメリット、対処法について。
風邪の頭痛。薬以外の治し方
風邪で頭痛になる原因と、薬以外の対処法について。
断食 頭痛の治し方
断食中に頭痛がおきる理由と対処法について。
便秘で頭痛になる理由。
便秘からくる頭痛の原因と対処法について。
頭痛ストレス対処法
ストレスで頭痛が起きやすい人と起きにくい人について。対処法について。
頭痛とめまいの原因
頭痛とめまいの原因について。対処法について。
耳鳴りで頭痛になる?
耳鳴りと頭痛の関係について。対処法について。
地震で頭痛になるんですね。
地震と頭痛の関係について。原因は何か。
頭痛の治し方、試してないのはどれ?
頭痛の治し方のまとめ、おさらい。