【スポンサーリンク】

花粉症の頭痛について

なぜ花粉症で頭痛が起こるのでしょうか。

 

これは、鼻づまりが大きく関係しています。
花粉症によって鼻水が大量に出だり、鼻づまりを起こすと、鼻の粘膜が炎症を起こします。

 

普通、鼻から細菌が入ったとしても粘膜によって守られており、感染を防いでいますが、
花粉症によって鼻の粘膜が機能せず、細菌によって炎症を起こしてしまうのです。

 

そして、鼻腔という鼻の奥にある空洞のようなところに膿が溜まってしまいます。
このような症状を「副鼻腔炎」と言います。

 

症状が長引く場合は副鼻腔炎がおきている可能性が高まることから
花粉症で診てもらうなら、内科ではなく、最初から耳鼻科へ行っておきましょう。

 

副鼻腔炎の症状として挙げられるのが、頭痛や微熱です。
花粉症によって副鼻腔炎を起こしてしまうと、頭痛や微熱など、
風邪と似たような症状が出てきます。

 

頭痛の他に、目の奥や鼻の奥などが痛みを起こしたりもします。
うつむくと頭痛がひどく感じるのも特徴です。
花粉症による副鼻腔炎が疑われる場合は、早めに耳鼻科を受診しましょう。

風邪との違い&薬について

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみだけではありません。

 

微熱が出たり、体がだるくなったり、そして頭痛が起こったりと、
風邪とも勘違いしてしまいそうな症状も出ます。

 

風邪かと思って受診したら、実は花粉症デビューしていたという話もよく聞かれます。

 

これらの症状とともに、鼻のむずむずや目のかゆみがあれば、
花粉症の可能性がありますので、適切に対処しましょう。

 

特に、花粉症による頭痛の痛みだけを抑えようと、鎮痛剤を飲むのはあまり効果がないことです。
花粉症の頭痛は、根本的な治療が必要です。

 

花粉症の治療には抗アレルギー薬が使われますが、
副鼻腔炎の治療には、菌を殺すための抗生剤の服用が有効です。

 

抗生剤を飲み始めて1週間くらいで症状が改善されることがほとんどです。

 

副鼻腔炎を放置すると、薬での治療が難しくなり
手術によって膿を取り除かなければならなくなるかもしれません。

 

また、よく鼻づまりを起こす人は、慢性的な副鼻腔炎に陥っている可能性もあります。

 

鼻づまりが気になる場合、副腎皮質ステロイド剤のフルナーゼ点鼻薬や
抗アレルギー剤のリボスチン点鼻薬などを一緒に処方してもらうとよいでしょう。
鼻の通りがましになります。

 

くしゃみ、鼻づまりなどの症状に加えて頭痛などの症状も出てきた場合は、
花粉症の薬だけでは治療できないこともあるので、再度受診して適切な処置を受けましょう。
炎症が治まれば、頭痛も治まります。

 

また処方箋薬をもらう前に、市販薬を飲んでいた場合、
処方箋薬を使用開始したら市販薬は絶対に飲まないでストップしてくださいね。

花粉症対策&治し方

花粉症は春先のものだけだと思われがちですが、季節によって花粉症の原因となる植物があり、
人によっては1年中、何らかの植物による花粉症に悩まされているという人もいます。

 

花粉症の対策なら、まずマスクは外出時も家の中でも付けましょう。
部屋にも花粉は飛んでいます。

 

外出から戻り家に入る前に、服を叩いて花粉を落とすと少し違います。

 

この時期、外で洗濯物を干したり、布団を干すと花粉が付くので控えます。
浴室乾燥機や室内干し、布団乾燥機に切り替えましょう。

 

日光干しよりも布団乾燥機のほうがダニ退治にも適していますから
ハウスダスト対策にもなります。

 

花粉症に良いとされる食べ物は、

 

乳酸菌・発酵食品(ヨーグルト、納豆、味噌、酒かす、醤油、ぬか漬け、アレルケアなど)
ポリフェノール(バナナ、ワイン 緑茶 大豆など)
べにふうき、シソ、甜茶
魚介類(特にサンマ、サバ、ハマチ、ブリ、イワシ、アジといった青魚)
薬味類(ネギ・生姜・ニンニク)
緑黄色野菜(にんじん・ほうれん草・明日葉)
根菜類(大根・かぶ)
ハーブ(ペパーミント ローズヒップ)

 

などがあり、積極的に摂ってみましょう。

 

反対に控えめにしたほうが良い食べ物は、ファーストフード、甘い物
高タンパク高脂質のもの、アルコール、刺激物などがあります。

 

こうしてみると、和食中心にするとクリアできそうですね。

 

できることを少しずつで良いので、長く取り入れていくことで
免疫力を高める生活習慣を作っていけるようになっているはずです。

 

しっかり対策して症状が悪化しないようにしましょう。
花粉症の症状をなるべく軽く抑えることで、花粉症による頭痛は予防できます。

【スポンサーリンク】

関連ページ

緊張型頭痛の対処はこうする!
緊張型頭痛の対処法について。どんな症状があるのか、原因と予防について。
群発性頭痛が自殺頭痛と言われる理由
群発性頭痛が自殺頭痛と言われるのはなぜか。症状や原因、予防について。
肩こり頭痛と偏頭痛の違い
肩こりからくる頭痛と偏頭痛の違いについて。主な原因や解消方法について。
眼精疲労の頭痛と疲れ目からくる頭痛の違い
眼精疲労の頭痛と、疲れ目の頭痛の違いについて。目薬の使用時の注意点、眼精疲労の原因から解消、予防する方法は何かについて。
運動後の頭痛の理由と予防法
運動後に頭痛(労作性頭痛)になるのはなぜか?予防法について。
副鼻腔炎の頭痛の治療期間
副鼻腔炎が原因の頭痛について。治療期間や治療方法について。
前頭葉の頭痛はクモ膜下の予兆?
前頭葉の頭痛で注意すること、クモ膜下との関係、原因や症状、対処法について。
後頭部が頭痛で痛くなる理由
後頭部の頭痛はどうして痛くなるのか、原因と対処法について。
こめかみの頭痛は偏頭痛の一種。
こめかみの頭痛の原因と改善方法について。
高血圧の頭痛は安心できない!
高血圧の頭痛の危険レベルについて。ロキソニンの注意点、血圧を下げる目標値について。
低血圧の頭痛はこうして改善!
低血圧の頭痛について。塩分を人より多く摂れば血圧は上がるのか?食べ物で血圧を上げる方法とは。
気圧が頭痛を起こすって知ってます?
低気圧が頭痛に影響する原因について。対処法について。
虫歯も頭痛を起こします。
虫歯が偏頭痛を起こす影響について。噛み合わせと頭痛について。
うつで頭痛になるのはなぜ?
うつで頭痛になるのはどうして?対処法について。
冷房 頭痛の治し方
冷房(クーラー)による頭痛について。原因と改善方法について。
貧血の頭痛原因はコレ!
貧血から頭痛が起きるのはなぜか、改善方法について。
寝起きに頭痛がするのはなぜ?
寝起きに頭痛がする原因について。対処の仕方について。
寝すぎた頭痛の治し方
寝すぎによる頭痛はなぜおきるのか。原因と治し方について。寝過ぎが、どうよくないのかについて。
寝不足 頭痛の治し方
寝不足で頭痛になるのは何で?原因やデメリット、対処法について。
風邪の頭痛。薬以外の治し方
風邪で頭痛になる原因と、薬以外の対処法について。
断食 頭痛の治し方
断食中に頭痛がおきる理由と対処法について。
便秘で頭痛になる理由。
便秘からくる頭痛の原因と対処法について。
頭痛ストレス対処法
ストレスで頭痛が起きやすい人と起きにくい人について。対処法について。
頭痛とめまいの原因
頭痛とめまいの原因について。対処法について。
耳鳴りで頭痛になる?
耳鳴りと頭痛の関係について。対処法について。
地震で頭痛になるんですね。
地震と頭痛の関係について。原因は何か。
頭痛の治し方、試してないのはどれ?
頭痛の治し方のまとめ、おさらい。