【スポンサーリンク】

副鼻腔炎の頭痛を軽視してはいけない

副鼻腔炎の頭痛って、一見たいしたことなさそうに思われがちですが、
放置しても治るものではなく、どんどん悪化していきます。

 

鼻づまりと頭痛には、関係があります。
特に、副鼻腔炎(蓄膿症)の場合、ひどい頭痛を伴うことがあります。

 

私もその一人でしたが、偏頭痛と併発していたようで、
それはもう頭が割れるかと思う苦痛でした。

 

今は、ずきしらずの実のおかげで偏頭痛は良くなったし
喉が腫れて化膿したせいで副鼻腔炎が起きても、頭痛はほぼ起きなくなりました。
まれにあったとしても、弱い痛みなので、かなりラクです。

 

副鼻腔炎が原因で頭痛が起こっている場合は、
鼻もつまっていて、喉に粘液が落ちる感じがよくあります。
ただ痛みを抑えるための鎮痛剤を服用するのでは意味がありません。

 

副鼻腔炎とはどのようなものなのかを知り、根本的に治療しましょう。

 

副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれる症状で、
鼻の中の「鼻腔(びくう)」と呼ばれる所がウィルスや細菌に感染することで炎症を起こし、
「副鼻腔(ふくびくう)」という場所に膿がたまることによって起こります。

 

副鼻腔炎にはふたつの種類があります。
急性副鼻腔炎と、慢性副鼻腔炎のふたつです。

 

急性副鼻腔炎によって生じた炎症を、
また繰り返すことで症状が慢性的に起こるようになると慢性副鼻腔炎になります。

 

慢性副鼻腔炎になってしまうと、完治するのは難しいと医者がいいました。

 

ではなぜ、副鼻腔炎になるのでしょうか。
急性副鼻腔炎は、風邪やインフルエンザなど、また花粉症やアレルギーによって
鼻水が増えたことをきっかけに起こることが多いです。

 

普通、鼻の中は粘膜によって細菌やウィルスから守られており、
異物が侵入しても感染を防いでいます。

 

しかし、風邪や花粉症によって鼻水が増え、鼻をかみすぎるなどして粘膜が弱くなると、
細菌などが侵入しやすくなり、感染してしまいます。
すると鼻腔が炎症を起こし、膿が生じるのです。

 

副鼻腔炎になると、鼻水や鼻づまりといった症状以外にも、
嗅覚障害や微熱、そして頭痛が続くことがあります。

 

また、膿が溜まることによって口臭が出る場合もあります。
特に、副鼻腔炎によって起こる頭痛は痛みが強く、
ほかの症状よりも頭痛に耐えられずに受診する人もいるほどです。

副鼻腔炎の症状と治療について

副鼻腔炎による頭痛は、うつむくと頭痛がひどくなるのが特徴の1つです。

 

また、頭だけではなく鼻と目の間や目の奥、頬骨のあたりまで痛みます。
額や、歯が痛む場合もあります。

 

炎症を起こしている箇所によって痛む場所が違ってきますが、どこが炎症を起こしていても、
頭が重く痛い感じを伴います。
頭痛とともに、鼻水や鼻づまり、鼻水が喉に落ちる感じ、といった症状があるのも特徴です。

 

偏頭痛と副鼻腔炎が併発していたら、気づきにくい症状でもあり、
これが続くようなら、いつもはいかない耳鼻科へ行ってみましょう。

 

実際、私も試しに行ってみると、自分が副鼻腔炎だと聞かされて信じられなかったし、
副鼻腔炎である自覚症状がない患者さんがほとんどで、
「院内で働く看護師でさえ自覚症状がないんだから」と医者が言っていたほどです。

 

このような症状があり長引くようであれば、頭痛のための受診ではなく、内科でもなく、
副鼻腔炎の治療をするための耳鼻科を受診するのが正解です。

 

頭痛だけにとらわれていては、症状は改善されません。
いろいろな角度から頭痛の原因となるものを1つ1つ排除していくしかないのです。

 

参考までに私の場合、たびたび再発するので原因を聞くと、検査等の結果、
「生まれつき片方の穴が狭いから炎症が起きると化膿しやすいのかも」と、言われました。
と、いうことは副鼻腔炎と上手に付き合っていくしかないことになります。

 

副鼻腔炎の診断は、内視鏡やレントゲン、エコーによって行います。

 

鼻の中を見て、膿がたまっていないかどうか確かめます。
また、鼻の奥やのどの奥の分泌物を取り出して、中にいる細菌を調べることもあります。

 

膿がたまっていたら、耳鼻科への通院になり、
治療内容は、膿や鼻水を吸引し、鼻の奥にシューっと念入りに洗浄し(痛くないです)
鼻から吸入器を吸って、飲み薬をもらって終わりです。

 

副鼻腔炎を治すには、殺菌が必要です。
そのために、殺菌力の強い抗生剤を服用するのが一般的な治療法です。

 

医師から処方された抗生剤を、必ず決められた期間飲みましょう。
たいていの場合、抗生剤を飲みはじめて1週間程度で症状が改善されます。

 

もし、抗生剤でも回復しないようであれば、手術が必要になることもあります。

 

合わせて処方される非ステロイド消炎鎮痛剤は、ボルタレン、ボラボミン、ロキソニンなど
強めの薬が一緒に入っていますが、このサイトで気をつけるように上げている薬です。

 

このように頭痛という目的ではなくとも、違った症状の治療のために
長期飲用せざるおえない場合もありますね。

 

しかし、非ステロイド消炎鎮痛剤を定期的に飲み続けると胃の不快感や膨張感、痛みのほか
腎臓の血流が低下しやすく、排尿の水分量がどうしても少なくなるようで、
むくみが起きることは避けられません。

 

むくむ箇所はそれぞれで、私の場合、顔・お腹・腰回り・足に出ます。
むくみが続くと・・体重もすぐ1キロ以上増加するので、最悪です。

 

薬を飲んでいる期間は、むくみ対策に運動や、カリウムの多い食事を意識的に強化しても
むくみのほうが勝ってしまっています。
やはり早く治して飲むのをやめるしかないなと、そのたびに思います。

 

副鼻腔炎が定期的に再発しやすい人は、そのたびに通院していると思いますが、
医療費が結構高いので、通院がキツイと思う人もいるでしょう。

 

ちなみに私の場合、1回目は薬代合わせて約8000円2回目は2500円〜3000円くらい。

 

再び行くたびに初回の検査代5000円がかかっています。
しばらくは一週間に2回の通院になり、半月か一か月後には週一に。
医療費、高すぎ!

 

飲む薬の量も多くて、副作用も気になるので、薬以外で何かないかと探したら
なたまめ茶は膿を出す作用があって副鼻腔炎に良いということで
同じ悩みをもっている人たちが、飲んでいるようです。

 

なた豆茶お試しセット副鼻腔炎頭痛を試してみるというのもありかもしれません。

 

副鼻腔炎に治療に通うのに抵抗があったり、薬を飲み続けることに抵抗がある人は
こういった体に優しいものを取り入れてみるのもよいと思います。
(私も飲みはじめました!できれば病院へ通いたくないので^^;)

待ち時間を少なくして通うには

待ち時間を気にするなら、
病院の大きさや立地にもよりますが、駅から少し離れている所なら
口コミ人気のある個人病院などに行っても、待ち疲れを防ぐことができます。

 

さらに確実を狙うのではれば、
空いている曜日と空いている時間帯を狙って予約すれば、
(待ち時間+治療時間)合わせて平均10分くらいで終わってしまいます。

 

一番空いている曜日でいうと、木曜日、次に金曜日です。
(あくまでも目安であることをご了承ください)

 

あちこち病院に通ったり、働いたり、さらには調剤薬局で働いていた時期もあり
そういった病院事情を知ったうえでの個人データです。

 

副鼻腔炎は放置しておくと悪化する場合が多く、
ふつうの鼻水、鼻づまりのように、
放っておけばいつか治るだろうと考えないほうがいいでしょう。

 

副鼻腔炎の症状がみられた場合、できるだけ早く耳鼻科にかかることが大切です。
そうすることで、副鼻腔炎による頭痛も治まります(治まりました)

 

私はしっかり治したく、3か月通いましたが、生まれつき副鼻腔の穴が小さいようで
炎症が起きやすいため、いったんは完治しても、体調が悪くなると再発します。

 

頭痛はほとんどありませんが、あっても少しだけに。

 

少しでも膿が溜まるのを防ぐために、なたまめ茶を飲むことにしました。
口コミは、また、更新します。

副鼻腔炎の効果的な対処法とは

副鼻腔炎によって起こる症状は、かなり辛いものです。
特に頭痛は耐え難い痛み、不快感で、
偏頭痛のすごいときの痛みとはまた違った痛みで辛いのです。

 

そこで、病院に行くまで、
薬が効きはじめるまでに、症状を緩和するのに効果的な方法を紹介します。

 

まず、体を冷やさないようにして、できればお風呂に入るといいでしょう。
体が温まることで鼻水が出やすくなり、鼻づまりが少し楽になります。

 

熱めの43〜44度温度のおしぼりやタオルで鼻の両側を抑えコマめに交換。
(冷えると効果はなくなるため)

 

私のように定期的に副鼻腔炎と付き合っていかねばならない人は
吸入器を自宅に備えておき、日頃から鼻と喉のケアをするのも1つ。

吸入器aandd

主人と私、ふたりとも鼻が弱く、私は喉まで弱いので、
思い切って最新型を買いましたがいい感じ。

 

主人が吸っているのが、鼻用で、口用などセットで付いています。
写真右に写っているのが、両方吸える容器でして、私はそれを使っています。

 

これで少しは病院へ行かないですませたいと願うばかり(笑)

 

そのほか、地味ですが、
頭痛に効果的なツボを押すことで、薬が効くまでの気休めとするのもいいでしょう。

 

激しい頭痛や歯痛に効果があるとされているツボのひとつに「合谷(ごうこく)」があります。
手の甲の親指と人差し指の付け根にあるツボです。

 

ここを少し痛むくらいの力で指圧してみましょう。
足の人差し指と中指の付け根部分にある「内庭(ないてい)」というツボは、
歯痛に効果があると言われています。

 

根本的な改善にはなりませんが、
一時的に少しでも痛みを和らげたいときに試してみてください。

 

ここまで書いているだけでも頭痛には、ほんとうに様々な原因がありますね。
頭痛の症状だけで判断せず、
そのほかの体の不調にも目を向けて、最善の治療法を選びましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

緊張型頭痛の対処はこうする!
緊張型頭痛の対処法について。どんな症状があるのか、原因と予防について。
群発性頭痛が自殺頭痛と言われる理由
群発性頭痛が自殺頭痛と言われるのはなぜか。症状や原因、予防について。
肩こり頭痛と偏頭痛の違い
肩こりからくる頭痛と偏頭痛の違いについて。主な原因や解消方法について。
眼精疲労の頭痛と疲れ目からくる頭痛の違い
眼精疲労の頭痛と、疲れ目の頭痛の違いについて。目薬の使用時の注意点、眼精疲労の原因から解消、予防する方法は何かについて。
運動後の頭痛の理由と予防法
運動後に頭痛(労作性頭痛)になるのはなぜか?予防法について。
前頭葉の頭痛はクモ膜下の予兆?
前頭葉の頭痛で注意すること、クモ膜下との関係、原因や症状、対処法について。
後頭部が頭痛で痛くなる理由
後頭部の頭痛はどうして痛くなるのか、原因と対処法について。
こめかみの頭痛は偏頭痛の一種。
こめかみの頭痛の原因と改善方法について。
高血圧の頭痛は安心できない!
高血圧の頭痛の危険レベルについて。ロキソニンの注意点、血圧を下げる目標値について。
低血圧の頭痛はこうして改善!
低血圧の頭痛について。塩分を人より多く摂れば血圧は上がるのか?食べ物で血圧を上げる方法とは。
気圧が頭痛を起こすって知ってます?
低気圧が頭痛に影響する原因について。対処法について。
虫歯も頭痛を起こします。
虫歯が偏頭痛を起こす影響について。噛み合わせと頭痛について。
うつで頭痛になるのはなぜ?
うつで頭痛になるのはどうして?対処法について。
冷房 頭痛の治し方
冷房(クーラー)による頭痛について。原因と改善方法について。
花粉症 頭痛の治し方
花粉症の頭痛と風の違いについて。原因と対処法について。
貧血の頭痛原因はコレ!
貧血から頭痛が起きるのはなぜか、改善方法について。
寝起きに頭痛がするのはなぜ?
寝起きに頭痛がする原因について。対処の仕方について。
寝すぎた頭痛の治し方
寝すぎによる頭痛はなぜおきるのか。原因と治し方について。寝過ぎが、どうよくないのかについて。
寝不足 頭痛の治し方
寝不足で頭痛になるのは何で?原因やデメリット、対処法について。
風邪の頭痛。薬以外の治し方
風邪で頭痛になる原因と、薬以外の対処法について。
断食 頭痛の治し方
断食中に頭痛がおきる理由と対処法について。
便秘で頭痛になる理由。
便秘からくる頭痛の原因と対処法について。
頭痛ストレス対処法
ストレスで頭痛が起きやすい人と起きにくい人について。対処法について。
頭痛とめまいの原因
頭痛とめまいの原因について。対処法について。
耳鳴りで頭痛になる?
耳鳴りと頭痛の関係について。対処法について。
地震で頭痛になるんですね。
地震と頭痛の関係について。原因は何か。
頭痛の治し方、試してないのはどれ?
頭痛の治し方のまとめ、おさらい。