【スポンサーリンク】

頭痛の種類と分類について

頭痛の種類は様々で、その症状や原因によって分類されていることがわかりました。
詳しく追及してみたので、各記事から、
自分はどれだけの頭痛をもっているのか確認しやすいでしょう。

 

まず、頭痛が起こる状況によって、大きく分けて3つの種類に分類されるようです。
「日常的に起こる頭痛」「慢性頭痛」「脳の病気に伴う頭痛」の3つですね。

 

頭痛の種類「日常的に起こる頭痛」は、風邪や発熱、二日酔いなどによって起こる頭痛のことです。
風邪が治ると頭痛も治るように、原因が解消されれば頭痛も治ります。

 

鼻づまりによって起こる頭痛や、激しい運動をした後に起こる頭痛、
冷たいものを急に食べると起こる「アイスクリーム頭痛」なども、
日常的に起こる頭痛に分類されます。
いずれも一過性のもので、命に関わる痛みではありません。

 

頭痛の種類「慢性頭痛」は繰り返し起こる頭痛で、頭痛の原因となるような他の病気がなく起こります。
「頭痛持ち」という人の8割はこの慢性頭痛に分類される頭痛に悩まされています。

 

慢性頭痛は、さらに3つの種類の頭痛に分類されます。
「偏頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」の3つで、それぞれ原因や症状も違います。

 

慢性頭痛の場合、頭痛のもととなる病気がなく、頭痛そのものが治療の対象になります。
頭痛のタイプによって治療法や使う薬も違い、
診断を誤り、間違った対処を繰り返すとかえって頭痛が悪化することもあります。

 

正しい診断を受けるため、頭痛の専門知識を持った医師に診察してもらうといいでしょう。
近隣の頭痛専門外来を受診しましょう。

 

頭痛の種類「脳の病気に伴う頭痛」は、命にも関わる頭痛です。
急に激しい痛みに襲われたり、吐き気や意識障害を伴うこともあります。

 

ただちに診察を受け、できるだけ早めに適切な処置を受ける必要があります。
激しい頭痛を伴う脳の病気は、いくつか挙げられます。

命を落としかねない頭痛

まず、くも膜下出血。
脳にできた動脈瘤が破裂することで、激しい頭痛が起こります。
突然バットで殴られたような激しい痛みに襲われ、吐き気や意識障害も伴います。

 

脳出血でも頭痛が起こります。
脳の内部の細小動脈が破れて出血することで、痛みが起こります。
頭痛が徐々に強くなっていくのが特徴で、手足がしびれたり、ろれつが回らなくなったりします。

 

脳梗塞は、血栓などで脳の動脈が塞がれてしまうことで起こります。
ひどい頭痛というよりは、頭が重く感じたり、しびれた感じがあったりします。
言葉が出なくなったり、ろれつが回らなくなったりします。

 

脳腫瘍は、脳の中に腫瘍ができる病気です。
頭全体が重い感じがしたり、一度鈍い痛みを感じ、その後痛みが徐々に強くなったり、
おう吐や痙攣が起こります。

 

慢性硬膜下血腫は、打撲などの衝撃によって、脳と硬膜をつなぐ静脈が切れて出血を起こし、
その血液が頭の中で固まってしまい起こります。
頭痛が長時間に渡って起こり、手足が麻痺します。
打撲などの衝撃から1〜3か月と、長期にわたって頭痛が起こります。

 

髄膜炎は、ウィルスなどの感染によって脳を包む髄膜が炎症を起こす病気です。
高熱を伴い、頭全体、特に後頭部が痛みます。

 

このような脳の病気によって起こる頭痛を放置しておくと、命を落とすことにもなります。
突然の激しい頭痛や、今までに経験したことがないほどの頭痛に襲われた場合は、
迷わず受診しましょう。

 

めまいやおう吐を伴う頭痛や、高熱を伴う頭痛も、脳の病気に関わっている可能性があります。
ずっと治らず、次第に酷くなっていく頭痛も危険です。
これらの症状がある場合は、放置せず診察を受けましょう。

 

また、いつもの頭痛でも、回数が増えた、薬の量が増えた(ひと月に10日以上飲むなど)
市販の鎮痛薬の効果が効きにくい、頭痛で寝込む、頭痛が心配で気がかり、
などの場合は頭痛外来や神経内科、脳神経外科、もしくはかかりつけ医の先生に相談しましょう。

【スポンサーリンク】

頭痛の種類はこんなにあった!記事一覧

 

「緊張型頭痛」は慢性頭痛の中でも、最も多いと言われています。痛み方を偏頭痛と比べると、偏頭痛の場合は体を動かすと痛みが酷くなるのに対して、緊張性頭痛は体を動かすことによって痛みがやわらぐ場合があります。また、偏頭痛は患部を冷やすと痛みがやわらぐのに対し、緊張型頭痛は体を温めることで痛みがやわらぎます。偏頭痛と緊張型頭痛は、痛みが起こった時の対処法がまったく違うので、自分の頭痛がどのタイプに当てはま...

 
 

「群発性頭痛」は慢性頭痛の中のひとつにあります。偏頭痛や緊張型頭痛に比べると患者数が少なく、あまり耳にする機会がないかもしれません。偏頭痛が女性に多いのに対し、群発頭痛は20代から40代の男性に多いと言われています。痛みが激しいのも特徴で、痛み始めるとじっとしていられず、のたうちまわるような激痛に襲われます。目の奥がえぐられえるような、キリで突き刺されるような耐え難い痛みです。動き回っていると、痛...

 
 

そもそも、肩こり頭痛の原因を簡単にまとめると肩こりが原因で起こる慢性頭痛は「緊張型頭痛」といって、首や肩、頭の近くの筋肉が緊張することによって起こります。頭から首、肩にかけての筋肉が緊張して肩がこることで、その周辺の血流が悪くなり、頭痛が起こると考えられています。首回りの筋肉が緊張して血行が悪くなると、本来は血液に乗って体の外に排出されるはずの乳酸など、疲労物質が体内に留まったままになります。する...

 
 

眼精疲労の頭痛もかなりひどく、原因を知って解消と予防に役立てようと調べまくりました。目の疲れも頭痛の原因のひとつで、なんだか目が疲れる、目が重い感じがする、眼圧が高い、目が痛い、目の奥が痛い、などという症状がよく表れるという人は多いでしょう。このような症状が、目を休ませたり眠ったりすると解消するのは「疲れ目」いくら目を休ませても治らず、症状が続くのは「眼精疲労」と呼びます。疲れ目、眼精疲労の症状は...

 
 

運動後に頭痛がくるのはなんで?健康のために頑張っているのに「意味がなくないか?薬飲めば矛盾?報われないな・・」そんなふうなことを一度は思ったことがあるのではないでしょうか。自分もその一人ですから、原因をとことん突き止めました。慢性頭痛の他にも、一時的に症状が表れる頭痛があり、その中のひとつに、ある決まった動き、運動をしたときに、その後に起こる「労作性頭痛(一時労作性頭痛)」というものがあります。な...

 
 

副鼻腔炎の頭痛って、一見たいしたことなさそうに思われがちですが、放置しても治るものではなく、どんどん悪化していきます。鼻づまりと頭痛には、関係があります。特に、副鼻腔炎(蓄膿症)の場合、ひどい頭痛を伴うことがあります。私もその一人でしたが、偏頭痛と併発していたようで、それはもう頭が割れるかと思う苦痛でした。今は、ずきしらずの実のおかげで偏頭痛は良くなったし喉が腫れて化膿したせいで副鼻腔炎が起きても...

 
 

前頭葉の頭痛が続く場合や、症状がいつもと違って重い場合は早目に受診し、頭痛の原因を特定することが大切です。クモ膜下出血や髄膜炎、脳出血や脳腫瘍などによる頭痛も前頭葉のあたりに起こります。これらの頭痛を見逃さず、早急な治療を受けなければ命に関わります。頭痛が起こったとき、頭のどのあたりが痛んでいるか分りますか。頭の前のほうが痛む、脳のてっぺんの方が痛む、後頭部が痛むなど、だいたい痛んでいる場所が分か...

 
 

頭の後ろの方の後頭部が頭痛になるのは、どのような原因があるのでしょうか。頭痛の理由は複雑で頭のどの部分が痛むかによっても、原因が違うことがあります。後頭部がズキズキと痛んだり、重い感じがする場合は、大きく分けて3つの可能性が考えられます。まず、最も危険なのがクモ膜下出血。クモ膜下出血は、頭のどの部分に痛みが出るかは決まっていないのです。前頭部に痛みが生じる場合も、後頭部に生じる場合もありますが、そ...

 
 

こめかみの頭痛が起ききるときは、どんなときでしょう。たくさん種類がある頭痛の中でも、こめかみがズキズキと痛んだり、ぴりぴりと痛んだりする頭痛があります。例えば、疲れが溜まっているときやストレスがあるとき、また、二日酔いの時やや生理前にこめかみが痛くなるという人が多いでしょう。寝不足や、寝すぎのときにこめかみが痛くなるというようにパターンが多いですね。こめかみの痛みも、簡単に言ってしまえば頭の血管が...

 
 

高血圧で頭痛が起きている人は、自分の血圧を知っていますか。実は、血圧と頭痛には関係性があり、血圧が高すぎる場合も、低すぎる場合も頭痛を起こすことがあります。高血圧によって頭痛が起こると、主に前頭部や後頭部に痛みが生じます。高血圧だと必ず頭痛が起こるというわけではありませんが、高血圧の人は頭痛が起こりやすいと考えられています。高血圧によって頭痛が起こる原因ははっきりとはわかっていませんが、血圧が上が...

 
 

低血圧の頭痛で悩んでいませんか。高血圧が健康に害を与えると言われている一方で、低血圧に悩んでいる人も多くいます。高血圧に比べると、低血圧が健康に及ぼす影響はさほど心配ないものばかりだと言われるため参考意見が少ないですね。実際、低血圧が正常値よりも低すぎている人が多くいるにもかかわらず医者に何も言われることはありませんので至適血圧(120未満、下が80未満)より下の低血圧(上が100未満、下が60未...

 
 

気圧が頭痛を起こすって知っていますか?「初めて聞いた」という人も多いのではないかと思います。私自身、最初は「は?」でしたし、「何がどうしてそうなる訳?」「自分は影響受けているのか?」という疑問から、スッキリするまで追究したくなったのです。天気が悪くなって気圧が低くなると、むち打ちなどで痛めている部分が痛みだすという話をよく聞きますが、これは頭痛にも当てはまります。中には、低気圧によって頭痛が起こる...

 
 

虫歯と頭痛は、密接な関係があります。実際、虫歯で歯が痛むとともに頭も痛くなったり、体もだるくなったりしたことがある人も多いのではないでしょうか。虫歯を放置しておくと、歯痛や偏頭痛が悪化するだけではなく、命に関わることもあります。虫歯は放置しても治ることはなく悪化するだけですから出来る限り早急に治療しなければなりません。では、虫歯と頭痛はなぜ関係があるのでしょう。大きく分けて3つの可能性が考えられま...

 
 

うつで頭痛が起こることを知らず、自分がうつである自覚がない人が多いかもしれません。うつ病の症状は、精神的なものだけではなく、「心の症状」と「体の症状」のどちらも起こることがあります。気分の落ち込みや、やる気の低下といった心の問題だけではなく、めまいや動悸、疲労感、睡眠障害や食欲低下といった体の不調もよく起こります。時に肩こりや筋肉痛といった体の痛みが生じることもあり、実は、うつによって感じる痛みの...

 
 

冷房の頭痛対策を何かしていますか。夏場における体の悩みのひとつとして「クーラー病」がありますね。エコ対策として、省エネモード対策をする会社も増えましたが、近年、室内であれば、まだまだどこでも冷房がきいている場所は少なくありません。もちろん、真夏の暑い日にクーラーをかけずに過ごすと熱中症になる恐れもあるため、適度に室温を調整して快適に過ごすことは大切ですが、冷房が強くきいている場所に長時間いたり、冷...

 
 

なぜ花粉症で頭痛が起こるのでしょうか。これは、鼻づまりが大きく関係しています。花粉症によって鼻水が大量に出だり、鼻づまりを起こすと、鼻の粘膜が炎症を起こします。普通、鼻から細菌が入ったとしても粘膜によって守られており、感染を防いでいますが、花粉症によって鼻の粘膜が機能せず、細菌によって炎症を起こしてしまうのです。そして、鼻腔という鼻の奥にある空洞のようなところに膿が溜まってしまいます。このような症...

 
 

貧血と頭痛はどのように関係しているのでしょうか。貧血が頭痛の原因になっているという場合もあります。特に、貧血を起こしやすいと言われている女性は注意したいものです。実際、貧血になりやすく頭痛もよく起こすという女性は多くいます。そもそも貧血は、赤血球の数が減少していることや、赤血球が小さいことによって起こります。血液中の赤血球は、全身に酸素を送る役割を担っています。貧血になると、全身に行き届く酸素の量...

 
 

寝起きの頭痛の中でも、朝起きたら頭が痛いときってありますよね。寝すぎてしまった朝に頭が痛むなど、頭痛持ちの人でなくても経験があるのではないでしょうか。寝起きの頭痛はなぜ起こるのか、まとめてみました。寝起きの頭痛は、大きく分けて4つの理由によって起こります。まず、寝起きの偏頭痛のような状態になっているケースです。夜眠っているときは副交感神経が優位に立って心身をリラックスさせ、起きているときは交感神経...

 
 

寝すぎの頭痛は、普段の睡眠不足を解消するべく、休日などに遅い時間まで眠りすぎたとき、頭が痛くなったという経験があると思います。遅くまで寝てしまった日の寝起きに頭がぼーっとしたり、ガンガン、ズキンズキンとした痛みがなかなか治まらないこともありますね。寝だめした達成感みたいなものはありますが、1日が台無しになるのは避けたいですよね。頭痛が起きないように、「頭痛きちゃったよ」というときのために、原因と対...

 
 

寝不足で頭痛が起きるのは、じつは睡眠と頭痛には深い関わりがあるからです。そもそも、寝不足になるとなぜ頭痛が起こるのでしょう。これも、自律神経が関係しています。私たちの睡眠は、自律神経に左右されています。起きているときは交感神経が活発になり活動的になり、夜になるにつれて反対に副交感神経が働きはじめ、心身ともにリラックスモードに、そのまま眠気がやってきて、睡眠に導入します。これが一般的で理想的な自律神...

 
 

風邪で頭痛がおきるのはどうしてだろう?今まで深く考えたこともなく過ごしてきました。今更ですが、納得いくまで追究してみたくなり、まとめてみました。頭痛の原因となるものは1つではなく多様にあって、風邪をひいたとき頭が痛くなったという経験をしたことがない人は逆にいないでしょう。風邪をひくと発熱、、咳や鼻水、喉の痛みなど様々な症状が表れますが、頭痛もそのうちの1つ。頭がズキズキと痛む場合もあれば、全体的に...

 
 

断食で頭痛になるのも理由がちゃんとあります。断食をしていると、断食反応と呼ばれる初期反応が起こります。炭水化物が体内にない状態で、血糖不足になり脂肪が燃えようとすると、不完全燃焼を起こすことによって、代用のエネルギーとして体内にケトン体という物質ができます。人の体は酸性であるケトン体を異物として排出しようとし、このときに起こる体の反応が断食反応です。まず吐き気です。ケトン体を排出しようとするとき、...

 
 

実は、便秘が頭痛の原因となることがあるというのを知っていますか。便秘が慢性化すると、それが原因で頭痛が起こる場合があります。便秘が続くと、お腹が苦しくなったり痛くなったりするだけではなく、肌荒れでニキビや吹出物、口臭がくさいなど、いろいろな体の不調が起こってきます。それは、便が腸内に留まることで腐敗し、有毒なガスを出すことによるものです。有毒なガスや腐敗した便は適度な時間に排出されないと、再吸収と...

 
 

頭痛はストレスによっても起こされ、主に偏頭痛と緊張性頭痛に悩まされます。ストレスは万病の元と言いますが、頭痛もその例外ではなかったのです。ストレスが溜まったり、ストレスから解放されたときにも、頭痛が起こることがあります。今はストレス社会とも言え、学校や職場、家庭でも、ストレスを感じる場面が多いですね。ストレスをゼロにすることはできないので、いかにストレスを減らし、上手く付き合っていくかがカギとなり...

 
 

頭痛とめまいが同時に発症するという場合もよくあります。頭が痛んで辛いのに加えて、めまいまで出てしまうと、何も手につかなくなりますね。日常生活に支障をきたしてしまいます。頭痛とめまいは、なぜ同時に起こりやすいのでしょう。また、同時に起こっているときは、どのような時なのでしょう。まず考えられるのは偏頭痛です。偏頭痛は脳の酸素が不足し、血管が拡張することによって起こる、ズキズキとした痛みです。吐き気を伴...

 
 

耳鳴りと頭痛が同時にあるケースがあります。ただでさえ辛い頭痛に、耳鳴りまですれば、さらに不快ですよね。頭痛に伴う耳鳴りは、病気のサインとなっているかもしれないことがわかりました。頭痛と耳鳴りが同時に起こるのはどのような場合なのか、まとめてみました。頭痛と一緒に耳鳴りも起こる病気として挙げられるのは、まずは高血圧です。血圧の上昇とともに脳内の血管が広がることで頭痛が起こります。そして、血圧が上がるこ...

 
 

地震と頭痛が関係あるなんて、思ってもみませんでした。とても興味深いと思い、吸いこまれるように調べていたくらいです。これを機に、自分は地震の頭痛が起きやすいタイプなのか?起きにくいタイプなのか、知っていれば対処法も準備できますね。地震が起こる前兆として、動物の異常行動があると言われています。迷信のような話もありますが、実際に飼っている犬や猫の様子が、大きな地震が起こる前に明らかにおかしかったというこ...

 
 

頭痛の治し方で、自分にとって本当に必要な治し方とは一時的な対処法ではなく、根本から改善する必要があることは理解されたと思います。頭痛の原因となるものをそれぞれ細かく取り上げてきましたが、ありすぎて何から、と、迷う人もいるかもしれませんね。鎮痛剤に頼ることなく、頭痛を改善、治療するにはどうすればいいのか。頭痛の原因や種類によって、対処法がまったく違いましたね。まずは自分の痛みがなぜ起こっているのか、...