【スポンサーリンク】

ボルタレン常用は危険すぎ!

ボルタレンは頭痛にも効く薬ではありますが、
「ロキソニン」よりもさらに効果が強い解熱鎮痛剤として
「ボルタレン」という位置づけの薬です。

 

ボルタレンは市販はされておらず、医師の処方によってのみ使用することができます。
歯の痛みを軽減するため、坐骨神経痛などの炎症による痛みを軽減するため、
また、場合によっては
ロキソニンも効かないような強い痛みに対し、一時的に処方されるものです。

 

ボルタレンは他のどの痛み止めと比べても強い効果があり、
麻薬であるモルヒネの前に使われる痛み止めでもあります。

 

偏頭痛に苦しむ人なら服用して楽になりたいという気持ちがあるかもしれませんが、
長期服用にはリスクを伴います。

劇薬指定の薬です

ボルタレンには劇薬指定成分が含まれており、自己判断での服用や、
長期にわたる服用はとても危険です。さらに、胃にも強い負担をかけます。

 

ボルタレンやボラボミンは非ステロイド消炎鎮痛剤なので、腎臓の血流量が低下しやすく、
排尿の量がも少なくなるようで、ロキソニンよりも強いむくみが起きることも少なくないです。

 

むくみが副作用の1つだなんて、気づきにくいのですが、
むくみが続くと・・体重も体脂肪も増えますからね・・ダイエットの敵!

 

ボルタレンが処方される際は、
胃が荒れるのを防ぐために、必ず胃の粘膜を保護する薬も一緒に処方されます。

 

ボルタレンのような強い薬を胃薬なしで飲んでしまうと、胃粘膜を刺激し、
その部分が炎症を起こして「びらん」になることがあり、出血を伴うこともあります。

 

さらに進行すれば胃潰瘍や、最悪の場合胃がんにまでなってしまうこともあるのです。
これは一例にすぎません。

 

私はボルタレンを7日間飲んだら、さすがに胃が膨張し、不快感が出てきて、
むくんで、体重と体脂肪が増えて、ガックリです。

 

そして、ロキソニン以上に強い作用があるため、強い薬を飲み続けることによって起こる
「薬物乱用頭痛」になってしまうことも
あります。

 

薬物乱用頭痛は、ロキソニンやボルタレンのような強い作用のある薬を飲みすぎることによって
頭痛薬が効かなくなり、
さらにはこれらの薬を飲むと頭痛が悪化してしまうという、厄介なものです。

 

特に、週に何度も偏頭痛が起こるという人は、これらの薬に頼る回数も多くなりがち。
つまり、胃のトラブルや薬物乱用頭痛が起こる危険性が高くなっているのです。

 

強い薬を飲むことで、その時の痛みはすっと引くかもしれませんが、
その効果はその場限りのこと。
根本的治療にはなっていないのです。

 

それよりも、ボルタレンに頼る生活をしていると、頭痛とは違う箇所の痛みや、
熱を下げるべきときに「効かない」という事態になりかねないのです。

 

年に何度か起こる程度の風邪などによる頭痛であれば、
医師の指示に従って服用するのもいいですが、
慢性的な頭痛に悩んでいる人が毎回、強い鎮痛剤に頼るのはおすすめできないことです。

 

しかし、薬を飲みたくなるのは当たり前と言えるほど、偏頭痛や慢性的な頭痛は辛いもの。
そこで、薬に頼らなくても頭痛を抑えることができるよう、
根本的な体質の改善をはじめませんか。

薬からサプリメントへ

頭痛を起こりにくくし、
もし起こったとしてもその痛みを軽く抑えるという作用のあるサプリメントが今話題です。
ずきしらずの実は、天然成分にこだわって作られたサプリメントです。

 

薬とは全く違う考え方で作られているので、副作用も、薬物乱用性頭痛になる心配もありません。

 

ずきしらずの実に含まれるのは
「フィーバーフュー」という古来から痛みや炎症を抑えると知られてきたハーブや、
「オオイタドリ」という、日本で昔から痛みどめとして使われてきた植物、
そして頭痛を抑える
「マグネシウム」である「にがり」の3つの天然成分をバランスよくブレンドしたものです。

 

サプリメントと聞くと、安全で安心なものの、
効果がさほど期待できないというイメージを抱く人もいるかもしれません。

 

ですが、ずきしらずの実に含まれているのは、古来から痛み対策として使われてきた成分で、
現代の医学でもその効果は認められているものばかりです。

 

事実、頭痛に悩む人に対してモニター調査を行ったところ、
90%もの人がその効果を実感しました。
その後、私のように実感している人が増加し続けているので、
数字はさらに上がっているでしょう。

 

天然由来で体に優しいだけではなく、
医学的にも効果が実証されている成分が配合されているので、
安全面も効果の面でも、安心して使用することができています。

 

そろそろ強い薬に頼るのをやめて、体に負担をかけずに頭痛を治療しましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ブルフェン200頭痛の効果は?
ブルフェン200はどんな頭痛に効果があるのか、副作用や注意点について。痛みの原因について。
カロナール頭痛薬とロキソニンの違い
カロナールを頭痛薬として使用できる人使用できない人の区分けについて。使用できない人の理由について。ロキソニンとカロナールの違いについて。
薬物乱用頭痛ってなに?
薬物乱用頭痛とは?治療法や予防法について。
頭痛を漢方ハーブ薬のどれで治したい?
頭痛に効く漢方について。薬と漢方とハーブの違いについて。注意点について。