【スポンサーリンク】

カロナール頭痛薬について

カロナール頭痛薬は主に医師によって処方される解熱鎮痛剤の一種で、
頭痛や生理痛、歯の痛みなどに使われる薬です。

 

血管を広げ、熱を下げたり痛みを和らげる作用があります。
では、「カロナール」は「ロキソニン」や「ボルタレン」「ブルフェン」などの解熱鎮痛剤と
どう違うのでしょうか。

 

カロナールは、ほかの薬に比べると比較的効果、副作用が穏やかな薬だと言われています。

 

普通、妊娠中や授乳中にはロキソニンのような強めの薬は服用できませんが、
カロナールなら妊婦さんでも授乳中のお母さんでも処方してもらえることがあります。

 

ただ、妊娠後期は胎児の血管への影響があり得るため、使うことはできません。

 

効き目がマイルドな薬ということで、安全な薬のように感じてしまいますが、
実際はどうなのでしょう。

 

まず、カロナールは痛みの根本を治療し、消し去る薬ではありません。

 

その時起こっている痛みを一時的に鎮める作用があるだけで、
しかもその作用も
ほかの薬と比べると効き目が穏やかなため、またすぐに痛みが出てくることもあります。

ロキソニンとの違い

ロキソニンが痛みをなくす薬なのに対して、カロナールは痛みを和らげ、
軽減するといったイメージです。
十分な効果をすぐに得たいという人は、物足りないと感じてしまうかもしれません。

 

特に、ロキソニンなどと比べると薬の効きは遅く、マイルドなため、強い薬に慣れていると、
カロナールでは本当に効果が得られているのか分りにくいこともあるでしょう。

 

そして、効果が表れにくいから、指定の用量よりも多く飲んでしまうという人もいるようです。
カロナールは穏やかな薬ではありますが、用量、用法を守らず乱用するのはとても危険です。

 

カロナールの主成分はアセトアミノフェンとういう成分で、
これを多量に摂取すると中毒を起こし、最悪の場合中毒死に至ることもあるのです。

 

マイルドな薬だからと言って、決められた時間を空けずに飲んだり多量に摂取すると、
かえって体に不調を来してしまいます。

 

ロキソニンなどの強い薬も、カロナールのような穏やかな薬でも、
頭痛を根本的に治すということは不可能です。

 

あくまで、緊急時の対処として服用すべきもので、
偏頭痛のように頻発する頭痛に使うことはおすすめできません。
頭痛は根本的に治していきたいものですね。

継続できる方法を取り入れる

頭痛が起こりにくい体を作るには、ストレスを溜めないようにしたり、
適度な運動や入浴によって血行を促進したり、生活習慣の改善が必要です。

 

しかし、どんなことをしても偏頭痛が改善しないという人も多いでしょうし、
ストレスゼロの生活なんて無理ですよね。

 

そこで、副作用や中毒の恐れがある薬ではなく、
根本から体質を変えてくれるサプリメントを取り入れてみるという手もあり、
安心して続けやすい方法の1つです。

 

ずきしらずの実は、
痛みに効果があるという3つの天然成分をバランスよく配合したサプリメントです。

 

毎日飲み続けても依存性や中毒性はなく、副作用の心配もありません。
むしろ、1日1回飲み続けることで、少しずつ頭痛の体質を変えてくれるのです。

 

サプリメントとはいえ、主成分の効果は医学的にも実証されています。
ただ体に良いものだけを詰め込んだだけではなく、
痛みに確かな効果を発揮する成分が含まれています。

 

知らず知らずのうちに体を傷めてしまっているかもしれない鎮痛剤に頼るのを止めませんか。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ボルタレン頭痛に効くけど劇薬指定の薬
ボルタレンは頭痛にきくのか、ロキソニンとの違いについて。劇薬の副作用について。
ブルフェン200頭痛の効果は?
ブルフェン200はどんな頭痛に効果があるのか、副作用や注意点について。痛みの原因について。
薬物乱用頭痛ってなに?
薬物乱用頭痛とは?治療法や予防法について。
頭痛を漢方ハーブ薬のどれで治したい?
頭痛に効く漢方について。薬と漢方とハーブの違いについて。注意点について。