【スポンサーリンク】

頭痛を漢方で治す前に

頭痛は漢方でも緩和させることが可能です。

 

頭痛を抑えるためには、鎮痛薬のほかに、漢方やハーブにも効果的なものがあります。

 

そもそも、薬と漢方とハーブには、どのような違いがあるのでしょう。

 

原料や製法も違いますが、効果を発揮する成分の濃度も副作用もまったく違います。
薬が最も濃く>次いで漢方>ハーブとなります。

 

効果の強さや即効性で言っても、薬、漢方、ハーブの順となります。

 

ですので、強い効き目で即効性を求めるならば、薬を使うよりほかありません。
ただし、薬には副作用や依存性があるので覚悟はしてください。

 

時に、症状を繰り返す慢性頭痛の場合、痛みが起こるたびに薬を飲まなければいけなくなります。

 

薬の飲みすぎによって、反対に頭痛が起こる薬物乱用頭痛というものもあるので、
慢性頭痛に毎回薬を使うのはおすすめできません。

 

そこで注目されるのが、副作用や依存性の少ない漢方やハーブです。

漢方とハーブの違い

漢方とハーブは違うものですが、重なる点もあります。

 

例えば、漢方にもよく使用される生薬である生姜は、ハーブでもジンジャーとして使われたり、
ケイヒという生薬は、お菓子などにも使われるシナモンです。

 

甘草という、漢方によく配合されている生薬はリコリスというハーブとしても知られています。

 

このような生薬をブレンドしたり、
植物だけではなく動物性のもの、化石などの鉱物なども使用しながら作られているのが漢方です。

 

天然成分を用いているけれど、薬に近い効果が期待でき、副作用もほとんどないのが特徴です。

 

様々な生薬、成分を調合することによって、体の不調に合わせた漢方ができます。

 

ただ、全く副作用の心配がないというわけではなく、場合によっては使用できない
種類の漢方もあります。

 

例えば妊娠中は控えたほうがいいなど、制限も少しありますので、注意して飲みましょう。
漢方が合わない体質や、胃が荒れる人もいます。

 

これに対してハーブは、植物そのもののことを言います。
漢方薬の原料になるような植物も含まれます。

 

古来からヨーロッパなどでは、香辛料や薬のように使われており、
その薬効は現代の医療でも実証されているものが多くあります。

 

異物反応や副作用はほとんどないと言っていいと言えます。

 

ですが、植物そのものを摂取することになるため、薬効の濃度は漢方薬や薬に比べると低く、
一回の作用は弱くなります。

 

即効性や効き目の強さはありませんが、
ハーブは摂り続けることで効果を徐々に発揮するという特徴があります。

 

ですが実際のところ、ぶっちゃけますと数日で効果を体感できる人も多いのが本当の話。
ハーブの中でも効き目が早くでるものもあります。

 

基本的には長期間かけて、ゆっくりと体質改善したい人にぴったりとは言われていますが。

 

では、慢性頭痛を治療するためには、薬、漢方、ハーブのうちどれを選ぶのいいのでしょう。

 

慢性頭痛を根本的に治すには、
体質を変えていくことが大切なので、最も適しているのはハーブでしょう。
一番カラダに優しいですからね。

 

その時の痛みに対する即効性は期待できませんが、いつ起こるか分らない慢性頭痛に備えるため、
長期計画で体質を改善していくことが重要です。

ハーブの鎮痛薬

頭痛に特に有効だと言われているのが、フィーバーフューというハーブです。

 

ヨーロッパでは古来から鎮痛薬として使われてきたハーブですが、
近年、その効果が現代医療でも実証されており、
痛みを抑える作用が証明されています。

 

ハーブを自分で入手して食べたり飲んだりする人はなかなか大変ですが、
サプリメントなら簡単に毎日続けられます。

 

ここで紹介しているずきしらずの実は、
フィーバーフューに加えて、頭痛の効果があるマグネシウムや、
鎮痛作用がある日本古来の植物、オオイタドリをバランスよく配合されたサプリメントです。

 

副作用の心配をせず、毎日飲み続けることで少しずつ、
痛みに強い体を作ることを目的としています。
慢性頭痛の対策にはもってこいのサプリメントですね。

 

私は飲み始めて2日後から効果がありまして、ハーブなのに?と自分を疑うほどで
体感を得られるには早い方ではないかと思っています。

 

ハーブで頭痛対策をしたいという人、
体に負担をかけずに頭痛を改善したいという人は、ぜひ試してみましょう。

 

続けることで少しずつ、ですが確実に効果を得ることができると思います。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ボルタレン頭痛に効くけど劇薬指定の薬
ボルタレンは頭痛にきくのか、ロキソニンとの違いについて。劇薬の副作用について。
ブルフェン200頭痛の効果は?
ブルフェン200はどんな頭痛に効果があるのか、副作用や注意点について。痛みの原因について。
カロナール頭痛薬とロキソニンの違い
カロナールを頭痛薬として使用できる人使用できない人の区分けについて。使用できない人の理由について。ロキソニンとカロナールの違いについて。
薬物乱用頭痛ってなに?
薬物乱用頭痛とは?治療法や予防法について。