【スポンサーリンク】

偏頭痛でロキソニン常用者は知っておこう!

偏頭痛でロキソニンを飲んでいる人は多いと思います。

 

偏頭痛で病院に行ったとき、よく処方されるのは「ロキソニン」が多いのではないでしょうか。

 

ロキソニンには鎮痛作用、解熱作用、消炎作用があり、
頭痛以外にも高熱を下げるための頓服として、
またはリウマチなど、炎症による痛みを抑えるために処方されることもあります。

 

ロキソニンは効果が表れるのが早く、
ほかの鎮痛解熱剤と比べると比較的胃が荒れにくいこともあり、
幅広く使用されている薬です。

偏頭痛ロキソニン

これまでは医師の処方箋が必要なロキソニンでしたが、
最近は市販薬「ロキソニンS」が発売され、
ドラッグストアなどで誰でも気軽に手に入れることができるようになりました。

 

ロキソニンSも、効果が表れるのが早く、効き目がいいと人気の市販薬ですが、
医療用のロキソニンとは少し違うものです。

 

形状や、用法(毎食後投与や頓服)、用量(含有量)、添加物、効果に違いがあるので、
医療用のロキソニンと全く同じ使い方ができるわけではありません。
注意して服用しましょう。

飲み続けるリスク

さて、効果が早く出るから手放せないという人も多いロキソニンですが、
副作用や、飲み続けることによる危険はないのか?考えたことはありますでしょうか。

 

他の鎮痛剤に比べて胃に負担が少ないと言われているロキソニン。
しかし、胃への負担はゼロではありません。

 

実際に、ロキソニンを飲んで胃が荒れてしまったという報告はとても多いです。
特に、慢性的な頭痛、偏頭痛に悩んでいて、ロキソニンを飲む回数が多い人に多く
心当たりのある人は要注意。
胃に大きな負担がかかっている場合があります。

 

ほかに、ロキソニンは非ステロイド消炎鎮痛剤に部類されるのですが、
腎臓の血流が低下しやすく、排尿の水分量がどうしても少なくなるようで、
むくみが起きることも少なくないです。

 

むくみが続くと・・体重も増えますからね・・

 

前々から胃腸の調子が弱い人やよくない人、胃潰瘍などがある人、胃酸分泌の多い人、
胃粘膜の荒れ易い人などは、単独で服用すると胃が荒れてしまう方もいるようです。

 

実際、私もその一人で、胃が痛くなり調子悪い状態が続き、
胃カメラを飲むはめになったのですが、幸いにも良性のポリープだったので
取らずに様子をみている状態で、大きくなったら取ると言われました・・・

 

今後も、定期的に胃カメラを飲むのはオエオエで苦しいし、よだれでるし、涙でるし、
先生によって上手い下手あるから怖いし、冷や汗かくし、
緊張エネルギー使ってしんどい
ので、ほんと避けたい勘弁です!

 

胃カメラなんか飲むはめになったら、前日の夕食や飲み物の制限があり、
朝食は食べず飲まずで検査費用も高いし、良いことなど一つもありません。

 

飲むにも限度ってものがあるということを、痛い思いをして気づかされました。

 

ロキソニンなどの薬によって胃が荒れるということは、胃の粘膜がダメージを受けている
ということです。

 

そして、ダメージを受けた部分に「びらん」が生じ、
びらん性胃腸炎やさらに悪化すると胃潰瘍や、最悪の場合胃がんになることもあります。

 

週に何度も頭痛に襲われるという偏頭痛持ちなら、どうしても鎮痛剤に頼る回数が多くなり、
薬によって胃にダメージを受けるリスクも高まります。

 

また、胃にびらんが生じるほど薬を多用した場合、「薬剤乱用性頭痛」と言って、
薬の飲むすぎによって頭痛が起こってしまうという悪循環に陥る危険性もあります。
頭痛を治すための薬で、さらに頭痛が起こってしまうのです。

根本的な改善を目指す

これはロキソニンに限ったことではなく、他の頭痛薬でもいえることです。
このような、薬による恐ろしい悪循環を絶つためには、頭痛を根本的に治すことが必要です。

 

私のように胃に何かできてしまったり、胃カメラを飲むはめになる前に対策できることとして
これまで、何をやっても頭痛を繰り返してしまってきたという人にもおすすめできるのが、
「ずきしらずの実」です。

 

ずきしらずの実は薬ではなく、サプリメントで、健康食品に分類されるものです。

 

副作用の心配はなく、もちろん、飲み続けても「薬剤乱用性頭痛」に陥ることもありません。

 

ずきしらずの実は、鎮痛剤のように痛くなってから対処的に飲むものではなく、
頭痛を根本的になくすため、毎日飲み続けて体質を改善するものです。

 

ですので、すでに起こっている痛みをすぐに鎮める作用はありません。
1週間、2週間、1か月…と毎日飲むことで、頭痛が起こりにくい体に近づけ、
もし頭痛が起こったとしても、痛むことがなくなったり、痛みを軽くしていきます。

 

副作用の心配をせず、根本的に頭痛を改善できるのは嬉しいですね。
頭痛が起こってから薬で鎮めるという無限ループから卒業しませんか。

【スポンサーリンク】

偏頭痛ロキソニン飲みすぎると胃が危険!記事一覧

 

ボルタレンは頭痛にも効く薬ではありますが、「ロキソニン」よりもさらに効果が強い解熱鎮痛剤として「ボルタレン」という位置づけの薬です。ボルタレンは市販はされておらず、医師の処方によってのみ使用することができます。歯の痛みを軽減するため、坐骨神経痛などの炎症による痛みを軽減するため、また、場合によってはロキソニンも効かないような強い痛みに対し、一時的に処方されるものです。ボルタレンは他のどの痛み止めと...

 
 

ブルフェン200で頭痛の効果を期待できるのは、生理痛からくる頭痛です。生理痛の治療のために病院を受診すると「ブルフェン錠200」という薬を処方されることがあります。ブルフェンは市販されておらず、医師の処方によって使用することができます。生理痛の薬はドラッグストアでも手に入りますが、処方箋薬のブルフェン錠200は市販の薬よりも効きが良いです。ブルフェン200の作用は炎症を鎮め、痛みや腫れを抑えるなど...

 
 

カロナール頭痛薬は主に医師によって処方される解熱鎮痛剤の一種で、頭痛や生理痛、歯の痛みなどに使われる薬です。血管を広げ、熱を下げたり痛みを和らげる作用があります。では、「カロナール」は「ロキソニン」や「ボルタレン」「ブルフェン」などの解熱鎮痛剤とどう違うのでしょうか。カロナールは、ほかの薬に比べると比較的効果、副作用が穏やかな薬だと言われています。普通、妊娠中や授乳中にはロキソニンのような強めの薬...

 
 

この「薬物乱用頭痛」は、鎮痛剤の飲みすぎによって体の中枢神経が痛みに敏感になりすぎ、かえって頭痛が酷くなるというものです。以前よりも頭痛が頻回に起こるようになったり、日常的に頭が重く感じたりします。そして、鎮痛薬の効果も実感できないようになってしまいます。鎮痛剤は痛みの原因となる脳内物質に働きかけて、痛みを抑えるものです。乱用すると、様々な脳の領域に影響を及ぼす危険性もはらんでいます。「乱用」とい...

 
 

頭痛は漢方でも緩和させることが可能です。頭痛を抑えるためには、鎮痛薬のほかに、漢方やハーブにも効果的なものがあります。そもそも、薬と漢方とハーブには、どのような違いがあるのでしょう。原料や製法も違いますが、効果を発揮する成分の濃度も副作用もまったく違います。薬が最も濃く>次いで漢方>ハーブとなります。効果の強さや即効性で言っても、薬、漢方、ハーブの順となります。ですので、強い効き目で即効性を求める...