【スポンサーリンク】

枕と頭痛について

枕が頭痛を起こしている!ことがあることを知っていますか。

 

首こりが原因で起こる緊張性頭痛。
日中の姿勢や作業のせいで肩こりが起こる場合が多いですが、
なんと、体を休めているはずの睡眠中に筋肉が緊張して
頭痛が起きている場合もあるのです。

 

朝起きたら体が痛い、寝起きに頭痛が起こることが多いという人はいませんか。
そのような人は、寝具が合っていない可能性があります。

 

特に、頭痛に大きく関係するのが枕です。
頭痛だけではなく、寝つきや寝起き、睡眠の質に問題を感じている人も、
今使っている枕が自分の体に合っているかどうか見直してみましょう。

 

枕が自分の体に合っていない、また、寝具マットとの相性も整っていないと、
寝ている間の姿勢が悪くなって筋肉を緊張させ緊張性頭痛を起こすだけではなく、
後頭部の血管を圧迫して偏頭痛の原因となる場合もあるからです。

 

では、どのような枕を選べばいいのでしょう。
自分に合う、良い枕選びのポイントをまとめました。

 

まず、枕の硬さを選びます。
硬すぎても、柔らかすぎてもよくありません。

 

というのは、枕は首を支えて安定させるためのものです。

 

硬すぎる枕は頭の重みを分散させることができず、首に負担がかかってしまいます。

 

ふわふわの柔らかい枕は気持ちが良いと愛用している人も多いかもしれませんが、
首が枕の中に落ちていき安定感がないため、しっかりと首を支えることはできません。

 

最初はいいね!と思っても、
だんだん寝返りを打つのも難しくなるため、寝ている間に姿勢をかえることができず、
首こりや寝違えの原因となる場合もあります。

 

次に、枕の高さを選びます。

 

特に高すぎる枕には要注意!
高い枕のほうが首筋が伸びて気持ちがいいと
高さのある枕を愛用してる人もいるかもしれませんが、
頭部を前傾した姿勢が続くため、結果的に首に負担をかけることになります。

 

さらに、後頭部の血管を圧迫することで直接頭痛の原因となることもあります。

 

枕を選ぶときは、仰向けの姿勢を基本で考えましょう。

 

まず仰向けの姿勢で無理のない姿勢で首をしっかり支えてくれる枕が理想です。

 

低反発枕は、自分の首にフィットするように形を変えるということで、
首に負担がかからない枕として人気ですが、
最近では低反発枕にも様々な商品が出ているので、
できれば使い心地を確認してから購入しましょう。

 

そして素材を選びます。

 

吸湿性・発散性に優れた素材の枕がよく、それは天然素材のもので、
羽根、そばがら、ひのき素材などがあります。

 

最後に、寝返りのしやすさも考慮します。
首にフィットしていても、頭が沈みすぎる枕は寝返りを妨げます。
首の向きを変えやすいかどうかも、チェックしてみるといいでしょう。

自分に合う枕を作ってもらう

それでも、自分に合う、枕の硬さ、高さ、など
合っているのか自信がない人は、詳しい人にチェックしてもらうのがよいでしょう。

 

たとえば、「じぶんまくら」という枕があります。

 

じぶんまくら

 

自分にとってベストな硬さ、高さを知るために、測定してくれ
仰向け、横向き、と、微調整で高さを調節し、
自分専用の枕を作ってくれます。

 

自分枕

 

枕の間のチャックを開けると、こんなにも小分けされたチャックがあり、
そこにいろいろなタイプの中材を入れ、
自分に合ったベストな高さに微調整してくれるのです。

 

購入後の微調整メンテナンスを永久無料でしてくれます。

 

人によって1年とか、半年とか、3ヶ月、1ヶ月でも、
枕が合わなくなってきた?
と、思ったら、中材が凹んでいるので、新しく入れ直してもらえるのです。
無料なのがいいです。

 

枕にも寿命があることを知って驚きました。1年から1年半くらいだそうです。

 

じぶんまくらなら、破けることさえなければ、ずっと使えて、
何個も枕を買うこともなく、
自分にとってのベストな状態をキープできるので頭痛や肩こり対策に向いています。

 

この写真は実際、私が買った物ですが、
枕が合わなくて、手枕をすることもなくなり、枕を取ったり、折ったり、することもなくなり
快眠できて、首筋や肩の張りがなくなったことに驚いています。

 

たかが枕と思いがちですが、されど枕です!

 

おかげで、頭痛はなくなり、ずきしらずの実と併用してよかったと思っている一品なので
紹介しておきます。

 

もし、「じぶんまくら欲しい!」と思った人は、
値段は店頭と同じなので先にギフト券を買ったほうが、その分ポイントが付くのでお得です。

 

こういったものを参考に、枕と向き合ってみるのも良いと思います。

【スポンサーリンク】