【スポンサーリンク】

偏頭痛とコーヒーの飲み方

偏頭痛にコーヒーは悪影響だという説と、偏頭痛に良いという説、両方が聞かれます。
実際、偏頭痛とコーヒーの関係はどうなのでしょう。

 

コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用や興奮作用があります。
コーヒーを飲むと眠れなくなるというのは定説ですし、
眠気をとばすための栄養ドリンクなどにも、カフェインが含まれています。
また、血流をよくしたり、脳の血管の収縮を促す作用もあります。

 

この、脳の血管を収縮させる作用が、
偏頭痛とコーヒーの関係について考えるキーポイントとなります。

 

偏頭痛は、脳の血管が異常に拡張することで起こる痛みです。

 

血管が急激に広がることで、まわりの神経を刺激して痛みが生じます。
つまり、血管を縮めてしまえば、痛みは治まります。

 

そこでコーヒーを飲むことで、
カフェインが持つ作用によって血管を収縮させ、痛みを抑えるのです。

 

実際、コーヒーを飲むことによって偏頭痛が治まるという経験がある人は多くいます。

 

ひとつ注意したいのが、コーヒーを飲むタイミングです。

 

痛みが起こる前に、予防としてコーヒーを飲むことは全く意味がなく、逆効果です。
偏頭痛の症状が出始めたころにコーヒーを飲むことで、痛みを抑えることができます。

 

カフェインに、血管の拡張を予防する作用はありません。
すでに拡張している血管を収縮させることで痛みを抑えているということなので、
痛みが起こり始めてからコーヒーを飲むようにすると効果的です。

悪化説について

カフェインは血管を収縮させ、偏頭痛を和らげることが分りましたが、
では、コーヒーが偏頭痛を悪化させるという説は間違いなのでしょうか。

 

実は、これも間違いではありません。
コーヒーを飲むタイミングと飲む量に関係があるのです。

 

もし、コーヒーを普段から1日何回も飲むという人は、
偏頭痛になるリスクを高めているかもしれません。
これも、カフェインが持っている血管収縮作用が関係しています。

 

すでに起こっている偏頭痛を抑えるには、この血管収縮作用が功を奏しますが、
頭痛が起こっていないときにカフェインを大量に摂取していると、どうなるでしょう。

 

偏頭痛が起こっていない状態とは、血管が拡張していない状態ということです。

 

そのようなときに血管収縮作用のあるカフェインを多く摂ると、通常よりも、
より血管が縮んでいる状態が続くということになります。

 

そんな中で偏頭痛が起こってしまうと、血管が必要以上に収縮した状態から、
一気に血管が拡張してしまいます。
つまり、血管の拡張率がグンと高くなってしまうのです。

 

この拡張率が高ければ高いほど、偏頭痛の痛みは酷いものになります。

 

カフェインを、偏頭痛が起こっていない状態で日常的に摂取することで、
血管収縮時と拡張時の差を大きくしてしまい、痛みを酷くしてしまうのです。

 

コーヒーが偏頭痛の原因になるという説は、このような理由で言われていることです。

 

目安として、普段から1日5杯以上コーヒーを飲む習慣があるという人は要注意。

 

コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶、コーラ、チョコレート、清涼飲料水、
栄養剤にもカフェインは含まれていますので、
様々な飲み物を含めて、カフェインの大量摂取を控えるようにしましょう。

 

頭痛と大きな関わりを持っているカフェイン。
偏頭痛が起こっている最中は有効になりますが、日常的な大量摂取は偏頭痛を悪化させます。
うまく利用して、偏頭痛に有効な飲み方ができるといいですね。

【スポンサーリンク】

関連ページ

偏頭痛は心臓の穴が原因5人に1人
心臓に穴が開いていると、なぜ偏頭痛になるのか? 検査方法や治療方法、費用について詳しくわかりやすくまとめています。
偏頭痛の症状ってどんな感じ?
偏偏頭痛の症状とはどんなものか、自分でできる応急処置について。
偏頭痛の対処はどうすればいい?
偏頭痛が起きる前の予防・起きたときの対処法について。
偏頭痛の吐き気は注意しよう!
偏頭痛と吐き気について。クモ膜下出血とのかかわりについて。
頭痛が続くのってやばい?
長く頭痛が続くとき、気をつけたい事について。危険の可能性と、改善するべきことについて。