【スポンサーリンク】

頭痛のアロマの選び方

頭痛にアロマを使う効果的な方法についてまとめました。

 

アロマテラピーは、心や体をリラックスさせるだけではなく、
体の調子を整える効果もあると言われており、頭痛に効果的なアロマがあるからです。
アロマ好きの方は併用してうまく利用されているようです。

 

頭痛の種類によって、効果があるアロマやその使い方は違ってきます。
自分にあったアロマで、頭痛を解消してみましょう。

 

まず、頭の血管の拡張によってズキンズキンと痛む偏頭痛の場合。

 

偏頭痛の場合、頭を冷やして血管を縮めると痛みが治まってきますから
アロマは冷却作用があるものや、鎮静作用があるものを選びましょう。

 

ユーカリやペパーミントのエッセンシャルオイルには、冷却、鎮静作用があります。
ミントを食べると、口の中がスースーとしますね。

 

そこで、偏頭痛で痛む部分を、
ユーカリやペパーミントのオイルを使ってマッサージしてみましょう。
自分でする余裕がなければ、家族に頼んでみてください。

 

もし、この香りが苦手なら、アタノールのセタマッサージオイルがおススメです。

 

アロママッサージ店で使用される高級オイルで、モデルの梨花さんをはじめ
芸能人にも愛用される、ものすごい良い香りで、
頭痛・肩こり・筋肉疲労・むくみに効く万能オイルです。

 

偏頭痛でズキズキと痛む部分を抑えると、一時的に血管が押さえつけられて痛みが和らぎます。
冷却作用のあるアロマオイルを使うことで、さらにその部分の炎症を抑える効果も期待できます。
偏頭痛が起こっている場合は、香りにも敏感になっています。

 

アロマを焚く場合も、すっきりしたユーカリやペパーミントののエッセンシャルオイルなら、
気分も爽快にしてくれるかもしれません。

 

ストレスによって偏頭痛が起こっている場合は、
鎮痛作用に加えてリラックス効果もあるラベンダーも効果的です。

 

同じく鎮痛作用があるローズマリーのお茶を飲んだり、料理に取り入れるのもいいでしょう。
体調によって、好む香りが変わるといいますから
その時、その時で、選ぶべきオイルの中から自分がいい香りだと思うものをチョイスします。

すり込む・たらす・焚く

次に、筋肉の緊張によって頭が痛くなる緊張性頭痛の場合です。

 

緊張性頭痛の場合、体を温め血行を促進するといいので、
血液の循環を促して体を温めるスウィートマジョラムがぴったりです。

 

また、筋肉痛の緊張を和らげるクラリセージも効果的です。
筋肉の痛みをとるジュニパーもいいでしょう。

 

カモミールやローズマリー、ラベンダーは鎮痛作用があるので、
偏頭痛と同じく緊張性頭痛にも効果が期待できます。

 

緊張性頭痛は肩こりや首こりが原因となっているので、
こっている部分をアロマオイルで重点的にマッサージしてみましょう。

 

血行を促進するために、ゆっくり湯船に入るのも良い方法ですが、
アロマオイルを湯船に数滴入れると、さらに効果的です。

 

眠っている間にアロマを焚いて香りをかぐのも効果的ですが、
寝ている間の火気が心配だという人は、ハンカチなどにオイルを数的たらし、
枕元に置いて眠るといいでしょう。
眠っている間の姿勢で筋肉が緊張するのも、防いでくれそうです。

 

アロマでリラックスしながら頭痛対策にプラスすると、よりストレスの軽減にもつながります。

【スポンサーリンク】